logo

スマホン地図

イチかバチかの賭け事ではない

営業を、イチかバチかの賭け事のように行っていては、今の営業は成立しません。何を言っているのかと言うと、昭和の時代の営業マンの勘に頼る営業では無理ということです。

顧客の情報はエクセルにすべて入っていても、そこから戦術を見出すのは難しく、また戦術を考えるのは営業マンそれぞれということになります。でも、SFAを活用すれば、顧客情報も戦術もこのSFAから見出すことができます。営業マンの勘だけでなく、SFAに蓄積された幅広い情報を元に、分析が行われ、営業マンがどのような行動を起こし、どういった内容でアプローチをするのか。そのタイミングなどもSFAから読み取ることができます。すると、いつも同じ営業マンだけが売り上げに貢献するのではなく、平均的にすべての営業マンが売り上げ貢献できるようになるんです。

ベテランの営業マンの勘に頼っていた会社が、その営業マンのノウハウや営業方法などをSFAに入力していくことで、他の営業マンがそこから勉強し、自分のものにしていく、ということも可能です。

Apple DEPのメリット

Apple DEPはapple社が法人のお客様向けに販売するiPhoneやiPadなどのiOS端末において提供するサービスプログラムのことです。
このApple DEPを利用することによって、iOS端末を業務で導入する際に初期設定がスムーズに行えるようになります。
Apple DEPのメリットとして、初期設定時にmdm設定が自動で実行させるあめ、キッティング作業が簡易化できます。また設定したセキュリティポリシーを保持できるためセキュリティ機能も向上します。
mdmサービスはdevice enrollment programに対応しているものであれば、好きなものを利用できるので、企業で導入を検討しているmdmであってApple DEP対応であれば問題ないのです。Apple DEPのサービスは無料で利用することができるので管理者の負担を軽減させるためにもApple DEPは利用するべきでしょう。
ただApple DEPのサービス対象者は法人契約で購入したiOS端末のみになっているのでその点は注意しておきたいです

無くてはならないツールに

今や田舎の会社でも「早く帰れ!」「休みをもっと取れ!」と言われるんだそうです。それまでは、休日出勤していても残業していても当たり前のように何も言わなかった上司が、近頃は全く逆のことをうるさく言ってくると、友人も嘆いていました。

ただ、働く時間が減ってもやらなければいけない仕事の量が減るわけではありませんから、人が足りない場合は結局休みの日にしているけど働いてる・・と言っていました。人の手でしか出来ない業種の場合には、これは致し方ない感じです。

その点、営業マンの方などは、CRMといった営業支援ツールを導入することで業務の効率化が実現できますから、会社もこういったツールには大きな期待をもっているようです。情報の共有化の実現、営業ノウハウ、知識の共有化も可能になりますから、営業マン同士のコミュニケーションの場になったり、ほかの部署との連携がスムーズにできる、といったメリットも生まれていると聞いたことがあります。

CRMは、営業現場での働き方改革には無くてはならないツールになっているんですね。

営業支援システム情報

android紛失時に役立つ端末管理機能

androidではGoogleが提供する端末管理ツールがいくつかあります。androidデバイスマネージャ―もその1つです。
androidデバイスマネージャ―はモバイルデバイス端末を失くしても安心の端末管理ツールになります。
自分のアカウントに紐づいているandroid端末の現在地をGoogleマップ上で確認することができる管理ツールであり、android端末を紛失した時に大活躍する機能になります。着信音を最大音量で鳴らす機能などもあるのでどこかでおとしてしまった時に探すのに便利です。
また事前にGoogle設定アプリで設定を有効にしておけば、リモートワイプやリモートロックなどの遠隔操作も可能で、モバイルデバイス端末内のデータを保護することもできます。
リモートロック機能では、新しい画面ロックパスワードを設定できるだけではなく、ロック画面にメッセージを表示することもできます。またリモートワイプ機能では、端末がオフライン状態の場合でもオンライン復帰時にデータ消去を実行することができます。

見つけるのに時間がかかっていませんか?

意外と面倒で時間がかかるのが、名刺を見つける時間。上司に、「あの顧客の連絡先が知りたいんだけど」と言われ、カバンの中や机の引き出しを隅から隅まで見渡し、やっと出てくる名刺。1週間、この名刺を見つける時間を図ったところ、合計で13分弱かかっていたそうです。一日にしたら2、3分のことかもしれませんが、これが一年に換算するとなんと10時間近くもかかっているのだとか。

私の場合、時間よりもその手間にイライラすると思いますね^^そして、そのイライラが業務にも反映されてしまうという悪循環。。

こういった会社では、是非名刺の管理ツールの導入をお勧めします。たったその2、3分でも無駄にしたくない営業マンもたくさんいるでしょう。名刺管理ツールによってすべてデータ化することで、スマホで簡単検索が可能になります。

byod導入時に必要な管理ソリューションとは?

byodを導入する企業は非常に増えています。byodは私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することを言います。
byodはコスト削減や業務効率アップなど様々なメリットがありますが、その反面管理の難しさなどの問題点も浮き彫りになってきています。
そこでbyodを導入する企業の多く、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理できる管理ツールソリューションを導入しています。
この管理ツールソリューションをmdmと呼んでおり、モバイルデバイス端末の管理の他、アプリケーションの管理を行うmamやネットワークアクセス制御管理が可能なmcmなどの機能を備えたソリューションツールも人気です。byodを円滑に導入するためには、企業データを保護できるmdmは欠かせない管理ソリューションとなります。byod導入時には、mdm導入も必須と言えるでしょう。

交換の際には好感を上げておく

このタイトル、ただのシャレではありません^^
名刺の管理ツールが出回るようになり、名刺がいかに営業マンにとって重要なものなのか、また会社全体の資産としての有効性が知られるようになってきました。

そのため、名刺を交換する場面では、どの営業マンたちも張り切って交換をしていると思います。しかし、ただ、挨拶して交換して終わり、これでは勿体ないのです。交換する際には、好感度を上げるような話題を持ちかけておけば、次に会った時のために良い印象を植え付けておくことができるんです。

名刺をもらったら、その担当者が気になっている製品について、会話の内容、担当者の特徴なども一緒にメモしておくことが当たり前になっていますが、それとともに自分のこともアピールしておくことで、次の営業がさらにスムーズに始められるわけですね。

名刺CRMアプリ

業務として使用されるモバイルデバイス端末管理のmdm

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、企業側は情報セキュリティ目的で導入されるケースが多いでしょう。情報セキュリティ目的で導入される場合、実際にスマホやタブレットやノートPCが盗難されり、紛失したりした時に遠隔操作でモバイルデバイス端末が第三者に試用できないようにロックをかけたり、デバイス内を初期化することができます。
この機能によって第三者にモバイルデバイス端末が渡ったとしても、端末の操作ができないようになっているので、端末内のデータについて読み取ることはできないのです。
企業から支給されたモバイルデバイス端末であっても、ついつい私用として使ってしまいがちです。しかし企業業務で利用しているモバイルデバイス端末は、大切に扱わなければなりませんし、しっかりとしたセキュリティ管理が必要になってきます。
セキュリティ対策の一貫として、mdmを利用することはもちろんですが、デバイス紛失時の迅速なセキュリティ対策の必要性が見えてきます。

無料版でも有料版でも

名刺の管理ツールのEightが、かなりユーザーを増やしてきているようです。

何といってもEightの良いところは、人の手が入っているということ。OCRだけでは識別できない文字も、人の手が入ることで名刺のデータ化の信頼性は100%近いと言われています。文字入力時には、複数の入力スタッフが名刺を断片的にしか見ることは無いので、セキュリティ的にも安心できるそうです。これを無料でやってくれるわけですから、ユーザーが増えるのも納得です。

ただ、vCard形式でダウンロードしたい人は、有料に変更することもあるようです。有料版にすることで、このデータのダウンロードができる、無料版よりも早く名刺をデータ化してくれるというメリットがあるんですね。どちらを使うにしても、便利なツールであることは確かなようです。

スマートフォンのセキュリティ対策だけではない?機能強化がすすむmdmとは?

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入における問題点と言えばセキュリティに関してです。セキュリティに関する問題点をクリアにしなければ企業でモバイルデバイス端末を円滑に導入することはできません。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際に、同時導入は必須となっています。
最新トレンドでもあるmdmは日本国内はもちろんのこと、海外製のmdm製品も多く、それぞれの製品によって機能や特徴、使い方が異なります。
情報流出やコンプライアンスという面においてモバイルデバイス端末を導入する時にはセキュリティ対策をしっかりと行わなければなりません。セキュリティの担保と資産管理の負荷の軽減のためにmdm導入は常識的になっています。
mdm市場が拡大していく昨今、デバイス管理はもちろんですが、デバイスを武器にしたワークスタイルを変革する機能も出てきています。mdmはセキュリティ対策だけではなくなっているのです。