logo

スマホン地図

mdm製品を選ぶ上での比較ポイント、導入形態とは?

mdm製品は数多く登場しています。そのため企業によっては自分の会社ではどのmdmを導入すればよいのか分からない・・という悩みを抱えているかもしれません。
ではmdm製品を選ぶ時にはどのような点を比較すればよいのでしょうか?
まず必ず比較しておきたいポイントとして導入形態があります。
企業では自社のモバイルデバイス端末の導入状況とmdm製品に求める要件をしっかりと把握する必要があります。
mdm製品には導入形態が2種類あります。
1つはオンプレミスという導入形態であり、社内LAN内の追加サーバーとして扱うことになります。この場合、導入後の適切な管理が必要であり
、mdm製品に定期的にパッチを適用して、脆弱性をスキャンします。
2つ目、mdm製品の機能をクラウドサービスとして利用可能にしたmdmサービスになります。導入形態にはこの2つの形態があるので、mdm製品を選ぶ時にはどちらの形態なのかを確認するようにしましょう。

日報に週報に会議資料に

営業マンが案件の報告業務に多くの時間を費やしていることは、よく知られたことです。疲れた体で会社に戻り、そこで日報を記入。週末だったら週報も。そして週明けの営業会議に間に合うように資料作成も。こんなことやってたら、いつ家に帰ることができるのか・・。夜中の帰宅も全然あり。でも給料は上がらない。本当に大変です。

この中のほとんどが、SFAを導入することで楽に簡単になる、ということ、教えてあげたいですよね^^

SFAはスマホでもタブレットでも利用可能ですから、帰社しなくても日報、週報が入力できます。しかも、項目チェックだけのものにすれば、5分とはかからないでしょう。案件の細かなプロセスを書きたいときには、別の機能を使ったり、SNSで報告することもできます。また、会議に使う資料もSFAから項目を設定して抽出すれば、簡単に作ることができます。

同じ給料で、こんなに時間や手間を無くせるんだったら、絶対にSFAを導入してもらった方が得ですよね^^

mdmの導入目的

mdmを導入する目的は企業によって様々ですが、会社が支給したモバイルデバイス端末の紛失、盗難時のセキュリティ機能対策として用いる企業が多いでしょう。
企業が業務用にIT機器を配布した場合、IT管理者は適切に管理、運用するためにしなければなりません。
配布時だけではなく、配布後もk儀容が決めた運用ポリシーがきちんと守らなければ監視をしなければなりません。
また運用ポリシーに変更があった場合には、すぐにその内容をモバイルデバイス端末機器にその変更内容を把握しなければなりません。
mdmの導入目的を明確にして、選ぶmdm製品を判別していく必要があるでしょう。mdmの導入目的は様々ですが、モバイルデバイス端末新規配布時に必要な設定や配布後の設定変更を簡単にそしてスピーディーに行うことがでい、大量端末の一元管理が可能です。また企業の情報資産の漏えい、持ち出しを防ぐためにもモバイルデバイス端末の機能制限はするべきでしょう。

なぜ今CRMが利用され始めているのか?

なぜ、営業の分野で今CRMが注目され、利用が広まっているのか知っていますか?それだけ顧客情報を管理することが重要だから、情報を一元管理し、効率的に営業ができるからなんですね。

ネットの普及は私たちの生活をとてつもなく便利にしてくれました。ここ20年ほどで、人の生活自体、大きく変化し効率化されています。ということは、ビジネスの分野はそれ以上に大きな変革が起きているわけです。

ただ商品を提供すれば売れるということはなく、顧客のニーズをしっかりと感知し、顧客の満足度を上げていかないと顧客は離れてしまうんですね。

CRMは顧客情報を一元管理し、それぞれの顧客について分析することができます。分析して得た情報はそれぞれの顧客に返すことができます。顧客が次に欲しいと思う時期、商品を顧客よりも先に察知し、顧客に提案。顧客は自分に合ったタイミングで提案してもらえるため、自ら商品を探したり注文のために手間をかけることなく、簡単に商品を手に入れることができ、満足度を向上させることが可能となるんですね。

bring your own deviceは中小企業に導入されやすい

bring your own deviceは、スマートフォンやタブレットなど、従業員が所有する私物のモバイルデバイス端末を業務に利用することを言います。
社員向けにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用意するのはコストが高くて負担が大きい…という企業にもおすすめです。
社員が普段使っているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務利用に活用するbring your own deviceは流行しています。
スタートアップ企業や中小企業でbring your own deviceを導入採用するケースが多く、個人のモバイルデバイス端末を活用して、社員のために設備のコストを節約し、初期費用コストを下げていきます。
企業としてはモバイルデバイス端末を社員向けに用意する必要がないので、個人のモバイルデバイス端末に負担を集中させることで購入コスト、通信費の削減が見込めます。
業務利用に当たっての導入方法、セキュリティ対策は使用するモバイルデバイス端末によって統一感がなくなることもあるので、戸惑うこともあるでしょう。

イベントに名刺を有効活用できるツール

面白いツールが今月提供スタートしています。ウォンテッドリーという会社がスタートさせたWantedly People Eventsというもの。

ウォンテッドリーは、Wantedly Peopleという名刺の管理ツールをサービスしているのですが、今回はイベントに特化したものになっているそうです。

イベントでは、新規顧客を獲得できる名刺をたくさん集めることができますよね。それを複数枚同時にデータ化できるのがWantedly Peopleなのですが、データ化の先、つまり、そのデータの活かし方までもがWantedly People Eventsによって簡単に可能となるようです。

具体的には「来場者にセミナーの開始時間などを通知したりデジタルコンテンツやアンケートなどの配信」といったことができるそうです。

mdm導入事例から見えるmdmの利点

mdmは多くの企業や教育現場で導入事例が増えています。
スマートフォンやタブレット端末を企業などで一括して導入する際に、mdmツールも同時に加入してしまうという導入事例が非常に多いです。
例えば某保険会社では、会社で導入しているタブレット端末からの情報漏洩不安を完全払拭するために、mdm導入を行っています。
全社で6000台以上のタブレット端末を利用している会社ですが、mdmソリューションを使った一元管理を行い、リモートアクセスツールで安全性を担保することが出来ています。この会社独自のリモートアクセスツールを使ってモバイルデバイス端末を管理することによってタブレット端末にはデータが残らないようになっています。しかしこれだけの安全性では盗難、紛失時のセキュリティ対策に不安が残るため、リモートロックやリモートワイプ機能を持っているmdmツールを利用することで、より高いセキュリティポリシーを設定することができるのです。
またmdm導入をすることでセキュリティ対策は基本機能として、アプリのリモート配布なども行えば、業務効率化を進めることが可能です。

名刺を上手に仕分けしよう!

名刺の管理は、名刺管理ツールにお任せ!それでも良いでしょう。簡単ですし、検索はすぐにできるし、SNS機能が付いた便利なツールも今では主流になっていますから、グループ活用も可能です。

でも、中小企業、個人経営では、こういったツールにコストをかけるのももったいない・・という場合もありますよね。でも大丈夫。上手に仕分けをすることで、アナログでも使い勝手の良い管理ができるんです。

まずはすべての名刺を一か所に集め、必要と思われる名刺、そうじゃない名刺に分け、必要なものだけを仕分けしていきます。アイウエオ順、業種別、そして見込み別など、的を絞った仕分けをします。箱には仕切りを、ファイルには付箋などを張り、アイウエオ順で並べておきましょう。

たったこれだけですが、探し出す手間は大きく変化し、営業もしやすくなるはずです。

スマートフォン紛失時に役立つmdmのセキュリティ

mdmは情報セキュリティ目的で導入されるケースが多いです。
スマートフォンやタブレットなどの大量のモバイルデバイス端末を導入している企業や教育機関の多くは、mdmツールを用いて一元管理をシステム管理者が行っています。
セキュリティ対策のために導入されているmdmですが、実際にスマートフォンが紛失、盗難した場合、大きな活躍を見せてくれます。
スマートフォンなどのモバイルデバイス端末を利用している人の20人に1人はモバイルデバイス端末を紛失しているという結果も報告されています。
またモバイルデバイス端末を紛失してしまったユーザーの3割の人はmdmの位置情報取得機能を用いて紛失した自分のスマートフォンやタブレットなどの場所を表示できたという報告もあります。
その他、デバイスを紛失して位置情報取得を操作しているユーザーの7割は自分のスマートフォンやタブレットが他の第三者が操作できないようにロック操作を行っています。
このようにmdmは様々なセキュリティ機能を見せてくれるのです。

狙ったタイミングで、狙ったユーザーに、狙ったコミュニケーションができる

すごいですね^^こういったツールがKARTEから提供されるとのこと。

KARTEはGoogleアナリティクスと連携を発表していますよね。KARTEの機能である、「リアルタイムに来訪者の一人ひとりを詳しく知ることができるサービス」と、CRMデータをひもづけされれば、タイトルにあるように販売する側が最高のタイミングでユーザーにコミュニケーションが可能になる。すべて狙ってそれが可能になるということなんですね。

ユーザーの情報は、既存であっても新規であっても、ネット上であればCookieベースでその情報を活用すれば、そのユーザーの情報まるごと知ることができるようです。

ユーザー側としてみれば、自分の好みに最も近い商品を、欲しい時に、グッドタイミングで売る側から知らせてくれる。わざわざ検索したり、欲しいものを集めて・・とか言う手間、時間をかけなくて済む。つまり顧客満足度も向上させてくれるサービスということになるようです。

您当前正在浏览 未分類 分类。