logo

スマホン地図

新しい『お買物体験』を提供

セブンイレブンでは、今年の6月から新しいサービスが提供されるそうです。

それはセブンの新しいアプリ、セブンイレブンアプリによって、買い物が楽しい、お得、といったものに変えられるということ。どういうことなのでしょう^^

私も週に1日はセブンを利用している者。友人なんか2日に1回は何かしら買い物していますから、このアプリによってお得になるのは嬉しいですよね^^

具体的には、セブンアンドアイグループ全体で使えるセブンマイルも導入され、また会員コードによってバッジというものを溜めていくそうです。この「バッジが一定以上たまると会員ランクが上がり、クーポンを受け取ったり抽選に参加したりできる。」とのことです。

小売業というのはここ数年収益がマイナスとなっているところがたくさんありますからね。セブンは、昔からCRM戦略を用い、顧客関係管理を行っていましたが、より一層このアプリの取り組みによって進んでいきそうです。

sfaツール比較

android端末管理で利用しているmdmの機能とは?

企業ではiPadなどのタブレット端末だけではなく、androidやWindowsの端末も利用されています。
これらのタブレットの管理を大幅に効率化するためにはモバイルデバイス管理、つまりmdmが必要になるのです。
mdmによる端末管理は、企業の情報システム部、総務部などの端末管理者の仕事を軽減させる非常に便利な機能にあんるのです。
androidの端末管理に欠かせないmdmは大量のモバイルデバイス端末を一括して管理が可能です。
利用状況の把握や紛失、盗難時のリモートロック、データ除去、ワイプ操作などが基本的な機能となります。
その他、散在するandroid端末の管理、モバイルデバイス端末導入時の初期設定管理や社内で開発したアプリケーションの管理やデータの暗号化などの機能もあります。このような機能を用いて、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理負担を大幅に削減して、情報漏えいの危険を未然に防ぐことができるのです。スマートデバイスの安全管理

いずれにしても手間を惜しまないで

名刺の管理ツールの利用が広まっていますね。名刺をスキャンしてデータ化できていれば、どこにいても名刺の情報を閲覧でき、利用することができます。他の社員の名刺も確認できるため、自分がアプローチできずにいた人まで何とか人脈を作ってたどり着くことも可能となるんです。

ただ、やはりひと手間は必要ですよね。デジタルで簡単に管理!と言っても、名刺の交換後にはその人物や商談内容をメモしておく。一定期間を決めて名刺をスキャンすること。仕上がったデータはきちんと確認すること。これらの手間を惜しむと、せっかくの名刺情報を活かすことはできません。

自分でExcelに手打ちすることを考えれば効率的であることは間違いありませんからね。

knowledgesuite.jp

世界で利用されている名刺

名刺の管理ツールの市場が勢いづいているそうです。その流れをけん引しているのは、コマーシャルでも有名なSansanではないでしょうか。

Sansanが一般化していくにつれ、名刺の管理ツールがそれまで以上に「売れる」市場になったと判断され、新しいベンダが次々とツールの開発、改善、機能の追加、連携などを行っているようです。

管理ツールの主な機能は名刺をデータ化していつでも、どこからでもデータを取り出すことが可能になること。これだけをイメージする人が多いのですが、実際には人脈の形成、名寄せ、最新の人事情報なども受け取ることが可能になっているんです。また、CRMやSFAなどとも紐づけ、連携されることも増えているため、今後も名刺の管理ツールの市場は活性化すると思われています。

URL参照

mdmの主な機能とは?!

Mdmは企業で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するにあたり、一括して管理を行う管理ツールシステムのことを言います。Mdmツールにはそれぞれのmdmによって機能に違いがありますが、デバイス情報収集も機能の1つ。デバイスのシステム管理者にとっては、モバイルデバイス端末の所有者がjailbreak/root化や非正規のアプリを利用せず、企業のポリシーをしっかりと守って利用しているかというデバイス情報を遠隔で情報収集することができる機能があります。
企業のポリシーを設定していたとしても利用状況が不透明では全く意味がありません。
モバイルデバイス端末情報を収集することがmdm機能でできれば、ポリシーを順守しているかどうかも常にチェックすることができるのです。
その他、mdmにはリポートワイプやリモートロックなどのデバイスの遠隔制御操作や、デバイスの遠隔管理設定操作などの機能もあります。mdmとは

実際にやってみると本当に便利!

名刺の管理ツールが最近人気ですよね。ただ、人によってはわざわざデータ化しなくても、名刺くらい持ち歩きますよ!と言う人もいます。数が少なければそれでも大丈夫でしょう。でも、それでもやはり名刺の管理ツールを実際に使って見ると、その便利さがわかるんだそうです。

手持ちにしている名刺はいちいち名刺を探さないといけません。他に資料や製品見本などを持っているのに、カバンの一番下にある名刺フォルダを取り出し、そこからお目当ての名刺を探す。かたや、スマホでサクッと情報を取り出す。もう、この時点でツールの方が効率的なのがわかりますよね^^

また、人脈の透明化というものもこのツールでできてしまうんです。今まででは思いもしなかった人脈が、そこには存在していた!という、嬉しい発見もツールを使うとあるんです。

名刺CRMとは

情報量多い現代に必要なmdm

スマートフォンやタブレットの普及によって私達の生活の中にはスマートデバイスが当たりまえのように存在します。スマートデバイス端末の発達に伴ってマルチデバイスに対応しているクラウド製品も増えてきており、社外で仕事をする機会も増えています。企業でスマートデバイス端末を使用する場合には、取り扱う情報をしっかりと守って万が一に備える必要があるのです。そんな時に欠かせないツールとなるのがmdmツールです。Mdmはスマートデバイス端末の管理ツールであり、mdmを導入することで一括管理が可能になり、セキュリティポリシーを高めます。セキュリティポリシーを高めることで、同じレベルの管理を全社員で統括することが可能になるのです。多くの情報を取り扱っている企業にとっては、mdmツールは必須のシステムと言えます、情報量が多い現代だからこそmdmによる管理は必要となっているのです。日本で提供されているmdmツールの数も年々増えています。企業に見合ったmdmツールを選びたいですね。最新MDM 比較

積極的に使えば使うほど、SFAの効果は得られる

営業と一言で言っても業種によってさまざまあり、日報の書き方、書き込む内容も違いますよね。しかも、数字ばかりでよいところもあれば、顧客の生の声をそのまま言葉に残しておくことが必要なところもあります。

このように、自社に必要な営業日報は、自分たちで作り上げていくことが重要となります。過去の営業内容も参考にしたり、顧客の声をすくい上げる。こういったことを効率的にできるのがSFAです。

SFAはそれぞれの企業に適した日報機能をカスタマイズでき、顧客それぞれのカルテのように、多くの情報を蓄積していくことが可能です。

また、スマホやタブレットなどのスマートデバイスを活用できるため、いつでもどこからでも日報への入力ができ、ほかのメンバーもそれを確認することができます。つまり情報共有が難なくできてしまうということなんです。

中には、成績の良い営業マンの日報を参考に、営業手法や顧客とのやりとりを勉強し、自分の営業に活かしている人もいるほど。積極的に使えば使うほど、SFAの効果は得られるのです。

sfaクリウド

mdmのセキュアブラウザ機能

スマートデバイス端末の利用状況はすぐにわかってしまいます。企業や学校でスマートデバイス端末を導入する場合、履歴などが分かってしまうと、情報漏えいの危険性が高まってしまいます。そこでmdmツールで一元管理してしまうことでそれらのリスクも最小限に抑えることができるのです。例えばmdmのセキュアブラウザと呼ばれる機能があれば、情報漏えいリスクを抑えることができます。このセキュアブラウザとは、標準のブラウザでは残ってしまうキャッシュなどのデータもweb閲覧後に自動的に削除することができる機能になります。スマートデバイス端末に重要な企業データを残さないため、スマートデバイス端末紛失時に、フィッシング詐欺サイトやマルウェアからの情報漏えいリスクを抑えることができるのです。
キャッシュの他、Cookie、閲覧履歴、IDパスワードなども全て保存しないようにすることで情報が漏えいしにくくなります。スマートデバイス端末で自動保存されてしまう情報には危険がいっぱいですので注意しなければなりません。MDMによるスマートデバイスの安全管理

Zoho Flowをスタート

ゾーホージャパンが新しいサービスを複数スタートさせているそうですが、そのひとつとしてクラウドサービス連携プラットフォームの「Zoho Flow」も提供がはじまっているそうです。

Zohoは多くのクラウドサービスの集まりで、その一つがこのZoho Flowなのですが、90を超えるサービスとの連携が今回可能になったそうなんです。GmailやGoogleカレンダーなどのGoogleサービスやChatWorkなどのチャットサービス、そして名刺の管理ツールSansanなど様々な企業のツールが連携して使えると。

こんなに多くの、しかもメジャーなものばかりを使えるようになれば、営業支援ツールをセットで導入しなくてもこのZoho Flowを使って欲しいツールだけを連携させ、営業に活用することもできそうですよね。

参照URL

您当前正在浏览 未分類 分类。