logo

スマホン地図

組織力も上げてくれます

SFAの導入は、営業マンの営業プロセスを透明化することで、営業に関するすべての情報を整理して一元管理が可能となります。管理者から一人一人の営業マン、マーケティング部門の人まで同じデータを共有できるので、さまざまな業務の向上も期待できるんです。

営業マンは、スマホやタブレットでもSFAの利用ができますから、外出先から営業日報を入力でき、時間の節約にもつながるんですね。

また、SFAは組織の力も上げることができます。成果がなかなか上がらない営業マンが、ベテランの営業マンやトップセールスを誇る営業マンの日報を見ることも出来るため、自分の営業手法と何が違うのか、自分に懸けているものは何なのかが客観的に解るようになるんです。もちろん、それだけ勉強したい!という意思がなければ、こういったことはできませんけどね^^

しかし、実際にSFAの情報共有によって営業部全体の底上げというものができている、と多くの企業から報告は上がってきています。やはり情報の共有は営業経験、ノウハウの共有だと言えるのかもしれません。

マーケティングソリューションツール

mdmソリューションの初期導入

mdmソリューションはスマートフォンやタブレットを一括管理したり、アプリケーションを配布したりする管理ツールのソリューションになります。mdmの初期設定時のセキュリティとして、mdm利用のセキュリティ機能が端末依存している場合、機種ごとのセキュリティポリシーのコントロール可能な範囲を特定して、サンプルとなる機種でのセキュリティポリシーパラメーターをあらかじめ検討して必要があります。
ほとんどのmdmソリューションではセキュリティポリシーの一括設定の機能があります。
多数の機種での大量mdmコントロールを行う必要があるので、セキュリティポリシーパラメータのテンプレート登録機能を利用して一括設定を行っていきます。
テンプレートは組織階層やグループ化することも可能で、管理効率アップには欠かせないツールと言えるでしょう。
端末ごとの権限による設定許可の場合には、テンプレートによる標準設定、個体ごとの例外設定のパラメータを整理する必要があります。

セミオーダーという手もあります

CRMにはカスタマイズが必須と言われていますよね。導入前にセミオーダーという手もあるようです。

パッケージで販売されているCRMを導入した会社が、次々と解約をしてしまう理由として、使いにくさ、あるいは使いこなせない機能が多すぎ、という声が多く挙げられていました。そのため、数年前まではCRMは難しすぎる、日本人には合わないとされていたんですね。しかし、CRMを提供しているベンダーが顧客満足度を下げてしまってはそもそもCRMの質に関わるわけですから^^多くの改善を行ったわけです。

この改善により、日本人が扱いやすい、そして結果を得やすいCRMが増えていっているんですね。そのひとつがセミオーダーということになります。

業種や取引する顧客によって、使いたい機能はバラバラ。なので、自社に最適な機能をベンダーと一緒に選び、テストし、実際に利用できそうな簡単な機能から活用していくことが、最近の導入方法のようです。

イチかバチかの賭け事ではない

営業を、イチかバチかの賭け事のように行っていては、今の営業は成立しません。何を言っているのかと言うと、昭和の時代の営業マンの勘に頼る営業では無理ということです。

顧客の情報はエクセルにすべて入っていても、そこから戦術を見出すのは難しく、また戦術を考えるのは営業マンそれぞれということになります。でも、SFAを活用すれば、顧客情報も戦術もこのSFAから見出すことができます。営業マンの勘だけでなく、SFAに蓄積された幅広い情報を元に、分析が行われ、営業マンがどのような行動を起こし、どういった内容でアプローチをするのか。そのタイミングなどもSFAから読み取ることができます。すると、いつも同じ営業マンだけが売り上げに貢献するのではなく、平均的にすべての営業マンが売り上げ貢献できるようになるんです。

ベテランの営業マンの勘に頼っていた会社が、その営業マンのノウハウや営業方法などをSFAに入力していくことで、他の営業マンがそこから勉強し、自分のものにしていく、ということも可能です。

イチかバチかの賭け事ではない

営業を、イチかバチかの賭け事のように行っていては、今の営業は成立しません。何を言っているのかと言うと、昭和の時代の営業マンの勘に頼る営業では無理ということです。

顧客の情報はエクセルにすべて入っていても、そこから戦術を見出すのは難しく、また戦術を考えるのは営業マンそれぞれということになります。でも、SFAを活用すれば、顧客情報も戦術もこのSFAから見出すことができます。営業マンの勘だけでなく、SFAに蓄積された幅広い情報を元に、分析が行われ、営業マンがどのような行動を起こし、どういった内容でアプローチをするのか。そのタイミングなどもSFAから読み取ることができます。すると、いつも同じ営業マンだけが売り上げに貢献するのではなく、平均的にすべての営業マンが売り上げ貢献できるようになるんです。

ベテランの営業マンの勘に頼っていた会社が、その営業マンのノウハウや営業方法などをSFAに入力していくことで、他の営業マンがそこから勉強し、自分のものにしていく、ということも可能です。

無くてはならないツールに

今や田舎の会社でも「早く帰れ!」「休みをもっと取れ!」と言われるんだそうです。それまでは、休日出勤していても残業していても当たり前のように何も言わなかった上司が、近頃は全く逆のことをうるさく言ってくると、友人も嘆いていました。

ただ、働く時間が減ってもやらなければいけない仕事の量が減るわけではありませんから、人が足りない場合は結局休みの日にしているけど働いてる・・と言っていました。人の手でしか出来ない業種の場合には、これは致し方ない感じです。

その点、営業マンの方などは、CRMといった営業支援ツールを導入することで業務の効率化が実現できますから、会社もこういったツールには大きな期待をもっているようです。情報の共有化の実現、営業ノウハウ、知識の共有化も可能になりますから、営業マン同士のコミュニケーションの場になったり、ほかの部署との連携がスムーズにできる、といったメリットも生まれていると聞いたことがあります。

CRMは、営業現場での働き方改革には無くてはならないツールになっているんですね。

営業支援システム情報

Apple DEPのメリット

Apple DEPはapple社が法人のお客様向けに販売するiPhoneやiPadなどのiOS端末において提供するサービスプログラムのことです。
このApple DEPを利用することによって、iOS端末を業務で導入する際に初期設定がスムーズに行えるようになります。
Apple DEPのメリットとして、初期設定時にmdm設定が自動で実行させるあめ、キッティング作業が簡易化できます。また設定したセキュリティポリシーを保持できるためセキュリティ機能も向上します。
mdmサービスはdevice enrollment programに対応しているものであれば、好きなものを利用できるので、企業で導入を検討しているmdmであってApple DEP対応であれば問題ないのです。Apple DEPのサービスは無料で利用することができるので管理者の負担を軽減させるためにもApple DEPは利用するべきでしょう。
ただApple DEPのサービス対象者は法人契約で購入したiOS端末のみになっているのでその点は注意しておきたいです

android紛失時に役立つ端末管理機能

androidではGoogleが提供する端末管理ツールがいくつかあります。androidデバイスマネージャ―もその1つです。
androidデバイスマネージャ―はモバイルデバイス端末を失くしても安心の端末管理ツールになります。
自分のアカウントに紐づいているandroid端末の現在地をGoogleマップ上で確認することができる管理ツールであり、android端末を紛失した時に大活躍する機能になります。着信音を最大音量で鳴らす機能などもあるのでどこかでおとしてしまった時に探すのに便利です。
また事前にGoogle設定アプリで設定を有効にしておけば、リモートワイプやリモートロックなどの遠隔操作も可能で、モバイルデバイス端末内のデータを保護することもできます。
リモートロック機能では、新しい画面ロックパスワードを設定できるだけではなく、ロック画面にメッセージを表示することもできます。またリモートワイプ機能では、端末がオフライン状態の場合でもオンライン復帰時にデータ消去を実行することができます。

見つけるのに時間がかかっていませんか?

意外と面倒で時間がかかるのが、名刺を見つける時間。上司に、「あの顧客の連絡先が知りたいんだけど」と言われ、カバンの中や机の引き出しを隅から隅まで見渡し、やっと出てくる名刺。1週間、この名刺を見つける時間を図ったところ、合計で13分弱かかっていたそうです。一日にしたら2、3分のことかもしれませんが、これが一年に換算するとなんと10時間近くもかかっているのだとか。

私の場合、時間よりもその手間にイライラすると思いますね^^そして、そのイライラが業務にも反映されてしまうという悪循環。。

こういった会社では、是非名刺の管理ツールの導入をお勧めします。たったその2、3分でも無駄にしたくない営業マンもたくさんいるでしょう。名刺管理ツールによってすべてデータ化することで、スマホで簡単検索が可能になります。

byod導入時に必要な管理ソリューションとは?

byodを導入する企業は非常に増えています。byodは私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することを言います。
byodはコスト削減や業務効率アップなど様々なメリットがありますが、その反面管理の難しさなどの問題点も浮き彫りになってきています。
そこでbyodを導入する企業の多く、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理できる管理ツールソリューションを導入しています。
この管理ツールソリューションをmdmと呼んでおり、モバイルデバイス端末の管理の他、アプリケーションの管理を行うmamやネットワークアクセス制御管理が可能なmcmなどの機能を備えたソリューションツールも人気です。byodを円滑に導入するためには、企業データを保護できるmdmは欠かせない管理ソリューションとなります。byod導入時には、mdm導入も必須と言えるでしょう。

您当前正在浏览 未分類 分类。