logo

スマホン地図

スマホでサクサク使えることが大事

SFAの導入に迷っている方がいたら、まず教えてあげたいのはスマホでサクサク操作できるSFAであるか、ということですね。と、ある専門家が言っていました^^

やはり営業マンは外回りに多くの時間を割くもの。なので、ノートパソコンをいちいち開いていたら時間の無駄ですからね。スマホで簡単に操作できるSFAであれば、営業後すぐに移動中の時間を使って営業報告を送ることができるわけです。

また、自分が報告を送るだけではなくて、情報を引き出すことも可能です。そもそもSFAはグループ内、会社内で情報を共有できることも大きなメリットです。顧客から別の製品の資料が欲しいと言われても、パンフレットを持参していなくて悔しい思いをした・・という営業マンも多いでしょう。しかしSFAを使っていれば、その資料をクラウドから取り出し、パンフレットは無くてもスマホやタブレットで見てもらうことができるんですね。これは営業上大きな武器にもなるはずです。

参照URL

mdm導入は常識的?導入時に覚えておきたい比較ポイント

mdmと一言でいってもそれぞれの製品によって違いがあります。その違いをしっかりと理解して比較することが重要になってくるでしょう。
最新のmdmにはトレンドがあり、いくつかの選定ポイントがあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には同時導入が必須となりつつあるmdm。mdmではモバイルデバイス管理ツールのことであり、最新トレンドをベースに様々な製品が登場しています。
企業や教育現場で大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、mdm導入は今や常識となりつつあります。
情報流出やコンプライアンスの面からセキュリティの担保、資産管理の軽減のためにmdmは欠かせいません。
mdm製品の中にはmdmとしての基本的機能の他に、アプリケーションの機能を制限できるmamやファイル共有を徹底管理できるmcm機能がついた製品もあります。
そのような機能を企業として求めているかどうかで、mdmの比較ポイントも変わってくるでしょう。

VPPの利用方法

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で大量導入する場合、mdmやVPPなどのツールを利用することで効率よく大量のモバイルデバイス端末を一括管理することができます。
VPPのアプリ配布を利用するにはVPPアカウントの取得が必要であり、VPPの管理配布にはiOS7以上のiPhone、iPadが必要となります。各モバイルデバイス端末のユーザーは配布されるVPPアプリのライセンス取得のために、各個人が所有するappleIDを持っている必要があります。このappleIDでiOSデバイス上でサインインすることになります。
VPPを利用するためにはappleDeploymentProgramsのアカウント作成が必要であり、このアカウントをVPPに登録することで専用のappleIDを作成していきます。このappleIDでVPPストアにログインすれば、様々なビジネスツールを購入することが可能です。

アナログに戻った方が^^

名刺の管理ツールを使っていても、それを活用できない!っていう人もいますよね。傍から見ると、何かの時には役立てよう!という意識があれば、すぐに開いて見れば良いのに・・と思うのですが、当の本人はそれさえ思いつかない、面倒くさいと思っているようです。これではデジタルにする前、アナログで管理していた時の方が名刺を有効活用できていた・・のかもしれませんね^^デスクの上に束になった名刺を見れば良いだけのことですからね。

でも、こんな感じの人、相当な数、居たりするのかもしれません。綺麗に整理整頓したが故に、かえってどこに整理したのかを忘れる^^あるいは整理したことで満足してそれを見返すことを習慣にしない・・など。こんな人は、アナログに戻った方が良いかもしれませんね^^

Androidの端末管理は資産管理につながる

AndroidやiPhoneなどスマートフォンを企業の業務に活用するケースが増えてきています。この時にandroidやiphoneなどのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末内には会社の内部機密や個人情報などたくさんの情報が入っています。これらの情報は企業にとって資産価値のあるものであり、きちんと管理する必要があります。
androidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末は携帯性があるため、外出先での業務も可能にしてくれます。そのため紛失や盗難のリスクがどうしても高まってしまうため、端末管理が重要になってきます。
企業の資産を管理するためにも、セキュリティ対策を徹底する必要があり、そのためにはmdmを用いたモバイルデバイス端末の一括管理が重要になってきます。
mdmはモバイルデバイス端末管理のことであり、androidやiPhoneなどマルチデバイスに対応した一括管理が可能となっています。

やらなきゃいけないことがたくさん!

何かに追いかけられ、いつまで経っても先が見えなくて不安に・・ということありませんか?私の場合には、やるべきことToDoリストを作り、パソコンの画面に順序立てて付箋を貼っていき、終わったものからはがして、付箋が減っていくことだけを達成感としていることもあります^^

でも、私のやらなきゃいけないことと、営業マンのやらなきゃいけないことにはきっと大きな開きがあると。新規顧客の獲得のためのアプローチ方法、プレゼン、資料作成、既存顧客への対応などなど、それこそ頭を使う日々が終わらない。。

こんな時は、自分の頭を休めて誰かにマネジメントして欲しい!と思いませんか?SFAを使えばそれが可能になるんですよね。AIを搭載したSFAでは、ToDoリストを作っておけばそれに沿って毎日パソコンを開くと秘書のように教えてくれるそうです、今日するべきことを。スケジュールリストとも連携させておけば、納品日など直接自分が関わらない業務でもお知らせをくれます。

お得意様の社長の誕生日、会社の創立記念日なども知らせてくれるので、デキる営業マンの演出も可能です^^

byodの現状と課題

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進む中、企業が用意したモバイルデバイス端末を支給するのではなく、従業員が個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodを導入するケースも増えてきています。
byodはbring your own deviceの略であり、従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場内に持ち込み、業務に利用することを言います。
byodを導入することによって生産性やモチベーションのアップ、従業員満足度が向上するといわれており、たくさんのメリットがある反面、セキュリティ対策などの課題があるため、企業でbyodを導入する場合にはしっかりとした対策が必要になってきます。
盗難や紛失による情報流出など情報セキュリティに関するリスクは避けられません。
byodの導入率は日本はあまりまだ浸透していません。スマートフォンの普及率からみても、企業側の対応が追い付いていないという現状があります。

日報管理だけを利用していると・・

SFAの導入の背景には、日報管理を効率化したいという声があるようです。どうしても毎日日報を記入するために帰社しないといけない、週報だと月曜日のことは記憶が薄くなっているなど。そこで、実際にSFAを導入し、使っていると、また別の問題が出てくるんだそうです。

そもそもSFAは日報を管理できるツールでもあるのですが、実際には案件や商談を管理するためのツール。日報は営業マンの行動すべてが記録されていくので、使っていくうちに営業マンもマネージャーも営業マンの行動管理をしてしまっているんですね。これに気づかずに運用を進めると、案件や商談の管理はどうなった?ということになってしまうんです。本当にSFAの運用って難しいですよね。

真面目に使っていてもそうなるんですから、いい加減に使っていたら運用費の無駄遣いそのものです^^

こうならないようにするには、常に営業マンとマネージャーが、自分たちがSFAを使う目的の意思統一を図り、案件、商談管理を徹底させることも必要なようです。

セキュリティ対策に欠かせないmdm

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策をしたいという企業にとってはmdmは欠かせない管理ツールになります。
mdmの機能は様々ですが、一般的な機能と言えるのが端末紛失時の遠隔ロック操作、ワイプ操作や特定のアプリケーションやカメラ機能など情報漏えいにつながる可能性のある機能を禁止することができます。スマホなどのモバイル端末紛失時の情報漏えいや悪意のある第三者の不正利用、異常状態にある端末の放置、信頼性の低いWi-Fi起動等の機能利用によるリスク、悪意のあるアプリのダウンロードなど全ての対策が可能になります。
これらのリスクはmdmで一括管理することで全て対策できるのです。
モバイルデバイス端末はパソコンと同様の高機能であり、携帯性もよいのですが、その分、紛失や情報漏えいといったリスクが多いのも事実です。そのようなリスクを回避するためにmdmは欠かせないのです。

無料と有料の違い

名刺の管理ツールの宣伝をよく見るのですが、無料、有料と2種類があるんですよね。その違いってどんなものなのでしょうか。

無料なのはスマホのアプリが多いですね。名刺をスキャンして送ることで、その情報が自動でデータ化されます。最近はOCR技術も進歩しているので、データ化の時間、入力ミスも少なくはなってきているようです。

ただ、ミスがある場合、それを直すのはきっと無料アプリではやってくれないので、自分で治すしかないかと・・。その点、有料のものは人がチェックする会社もあるため、ミス入力はほぼ無いと言えます。また、有料ではオプションでさまざまな機能を追加できます。

結局は、無料でも有料でも使ってみなければわからない、というのが専門家の見方なので^^テスト期間が用意されているツールを使って体験してみる、というのが最善策のようです。

knowledgesuite.jp/service/sfa.html

您当前正在浏览 未分類 分类。