logo

スマホン地図

モバイルデバイス管理にかかるコストが問題となる?!

企業や学校などの教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入するにあたって課題になるのが「モバイルデバイス管理にかかる費用」です。企業の場合、社員の私物であるスマートフォンやタブレットの業務利用も含めて、社内に様々なモバイルデバイス端末がある場合、業務で使用するために必要な設定をするための手順が、それぞれの機種によって異なり、非常に大変になることがあります。そこでmdmサービスをりようすることで、業務に必要な設定を、どのモバイルデバイス端末においても同じ手順でまとめて作業できるようにしているのです。この設定を初期導入と言い、業務に必要なソフトウェアのインストールや、リモート実施が可能なソリューションなども提供されています。
モバイルデバイス管理の費用を抑えるためにはmdmサービスを利用するのが何よりもよいのです。Mdmソリューションを導入すれば、企業で私物のスマホやタブレットなどのデバイスを持ち込んだ場合でも管理がしやすくなるのです。
mdmの教育現場での利用が増えてく

mdm利用で必要なものはある?!

mdmを利用したいと考えた時、何が必要かわからないという人は多いでしょう。特にmdmを利用したことがないユーザーにとってはmdmサービスをしっかりと理解している人は少ないです。mdmを利用する場合、モバイルデバイスのプラットフォームの種類によってはプッシュ型通知を利用する必要がでてくる可能性があります。その場合はAPNSやGCMなどへの登録が必要になってくるので注意が必要です。多くのmdmサービスを提供するサイトに登録方法などは詳しく説明されているでしょう。
またmdmに登録されると、mdmのプロファイルがモバイルデバイスにインストールされることになります。もモバイルデバイスがmdmの管理下に入った時には、モバイルデバイスを利用するユーザーにきちんと通知されるので管理されたくないといった時には拒否することもできます。
しかし一度mdmに登録されて管理された状態になると、管理者が何か設定変更をしたとしても特に通知されることはありません。
mdm情報

mdmの階層管理

mdmを効率よく運用するには優れた管理者の存在が欠かせない。その一方でmdm管轄下の端末数が多くなればなるほど管理者の負担は増加する。もちろん数が少なければ1人の管理者でも対応できるだろうが、100、200となると効率的に管理運用するのは難しくなる。当然ながら打開策は管理者を増やす事だが、同じレベルの管理者を複数置く必要はない。すべての権限を持つ「マスター管理者」の下に各部署を取り仕切る別の管理者を置けばいい。スマホの使い方もまた部所毎の業務によっても使用する機能も異なる。マスター管理者の下に属する管理者に与える権限も自由に設定できるサービスが多く、それぞれの管理者に与える権限の事を「ロール」と呼ぶ。ロールという言葉が役割を意味することは有名だろう。必要な管理権限だけを与えることで、管理作業を分散化しマスター管理者の負担を軽減する事もできる。そして権限を限定する事で、管理者の育成期間も短くする事ができる。mdmの効率的な運用には適切に機能する土台の構築こそが急務であると言える。mdm情報なら

自己責任と言われています

名刺 crmツールを利用することで、名刺を社員それぞれが自分で管理する必要が無くなり、社内全体でその情報を活用できるようになります。また、クラウドを使っているためいつでもどこにいても閲覧が可能になります。
ただ心配なのは情報の流出ですよね。社内だけで使うのであればクラウドを用いることも必要無くなりますが、やはり外出先から利用できるのがこのツールの良いところでもありますから。

ツールをサービスしている会社では、セキュリティ管理はしっかりと行われていることが謳われています。しかしながら、管理をしていてもどこからか情報が流出してしまった!というニュースもよく聞かれます。この点は自己責任となってしまうので、常に注意をはらっておくことが大切ですね。

Mdmの影の薄さ

みなさまこんにちは。昨日は友達と居酒屋で飲んでたんですけどね。みんなの会社ではどこのmdmいれてるの?って聞いたらmdmってなに?とみんな知りませんでした。そうなんみんあです。意外と知られてないですよ。あ、ちゃんと入ってましたよ!
mdmは。ただ、そのことは全く気にもとめていなかったみたいで、プロファイルを見てみたらこんなになってたのかーとみんな驚いていました。ちなみにbyodはいませんでした。ヒューチャーフォンユーザーはいましたけどw
まあ何が言いたいかというと、意外と携帯から自分んお動きを管理されているという認識を持っていないみたいですね。ということは スマホをなくしてもみんな反応が薄かったりするんですかね?まあいっかで上に報告しないなんてこともあるんじゃないのかなーと思います。Mdmの管理者はそういうことも考えて,
ちゃんと周りに考えやルールを伝える必要がありますよね!
そうしないとmdmで管理している意味がなくなってしまいます!
mdm情報

クレームも実は宝の山かも・・

ある知人が会社のクレーム担当になってしまい、ひどく落ち込んでいた時期がありました。私もかわいそうだな~~と。だって、苦情を受け付けるだけの担当なんて、精神的にダメージが多きすぎますよね。人の口から出されるマイナスの言葉って、直接自分に関係の無いことでもストレスを感じてしまうもの。それをずっと自分に向けられるのですからたまったものではないだろうな・・と。

でも、会社全体にとってみればこのクレーム処理いかんでその後の会社の評判って違ってくるんですよね。どれだけ相手に嫌な印象を与えず、しかも納得してもらえるのか。対応一つで今の時代、評判はくっきり分かれることでしょう。

また、クレームの中にはその会社にとって製品やサービスの改善点、商品開発のヒントが山ののように埋まっているとも言われます。そのため、CRMではコールセンター機能も入っているんですよね。顧客満足度の向上とともに、次なる営業へのヒント。担当者には、是非ボーナスをはずんで欲しいですね^^

新しいバージョンのIos11が出るらしいですね!

みなさまこんにちは。Iphoneから新しくios11が出るみたいです。ちなみにリリース日はまだはっきりとは発表されていませんね。今回のアップデートでは、機能が使いやすくなるそうですね!例えば、ipadの例ですけど、ファイルなど閲覧、編集できるようビジネス利用のためにより便利になるそうですよ!もちろん、iphoneは普通のユーザーようにバージョンアップしていますね!
ただ、気になる点があります!それは今までのバグや細かい問題は便利なように使いやすくなってるのかな?ってことです。バグの一つとしてあったのが、mdmを使って管理する際の仕様です。内容としては、mdm管理画面で操作した時にiphoneのほうで動作しないことがありました。非常に細かい内容ですが、そういった問題を解決してくれていたら、ありがたいです。Mdm関連でいえばdepなど大型の変化はあっても細かいところがないがしろにされているような気もしますね!次のアップデートで直っていることを切に願いますMDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

GYAO!がリニューアル

GYAO!という名前は知っていましたが、その内容までは殆どわかっていませんでした。この会社、もともとはUSENの無料動画サイトだったとのこと。それがヤフージャパンに買収され、現在の形となったそうなんです。ヤフーってどれだけ子会社を持っているんでしょうね^^

幅広いコンテンツを子会社として持っていれば、それらを組み合わせて顧客にお得に利用してもらうことができる、ということでしょうか。たしかにヤフーのプレミアム会員になると、動画も無料でいくつも観れると紹介されていました。

でもこれは私たち顧客だけのメリットではなく、勿論、GYAO!としてもヤフーの子会社になったことで大きなメリットがあるんですよね。その1つがヤフーの協力なメディアを使えること。ネットニュースにも取り上げられていましたが、「現在弊社の重要な柱はCRM戦略。いかにGYAO!の利用者の方々をロイヤルカスタマーに育てていくか」これが、そしてヤフーの後ろにはソフトバンクという巨大な企業も控えています。

いや~。奥深い話になってきましたね^^

どっちが有効?

SFAの導入を考える際、営業担当者からの大きな拒否が考えられます。SFAとはそもそも何なのか・・ 日本語では営業支援、営業支援システムと呼ばれ、主に営業案件の管理をするシステムであると説明されています。この管理、という言葉に営業担当者がマイナスイメージを持ってしまうんですね。自分が進めている案件を管理されるということは、自分自身も管理されていること。しかも、入力した内容は全てグループ内で共有化、透明化されてしまうんですから。

そこで、SFAを提供する会社は「SFAはあくまで案件を管理するものなので、営業担当者の管理ではありません!」とよく言っています。が、このように説明をしておいて、実際導入したところやはり上司は案件とともに営業担当者の管理も行っている・・という矛盾が発生。結果的にSFAは放置されたというケースもあるんです。

このようなことにならないよう、営業とは管理することが当たり前なんだ、と最初から言いきる、この方がSFAの導入がうまくいく、という説もあるんですね。一体、どちらが有効だと思います?

パソコンは消えてなくなる運命なのか

企業の従業員が仕事に使うデバイスはかつてないほど増えています。従来のデスクトップパソコンやMacだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスが多くの企業で導入されていますよね。かつて従業員が会社のデータにアクセスするということは、Windowsを搭載したパソコンを使用してWindowsアプリケーションを実行することでした。しかし今は、パソコンでしかできなかった様々な処理をモバイルデバイスで実行できます。私もスマートフォンでCRMにアクセスしたり、タブレットで業務処理を行ったりすることが多くなりました。これはつまりパソコンやWindowsが、業務に不可欠な要素ではなくなったということなのでしょうか?いいえ、それは違います。従来のパソコンやWindowsの重要度が高いことに変わりはなく、不要になるわけではありません。モバイルデバイスの重要性が増しているというだけなのです。その証拠にMicrosoftは、『Office 365』アプリのiOS版とAndroid版を開発しましたよね。モバイルデバイスやアプリを導入することは「従業員に柔軟性を提供すること」なのだと思います。営業支援システムSFA

您当前正在浏览 未分類 分类。