logo

スマホン地図

初期設定がいらないApple DEP

Apple DEPはアップル社が提供しているiOS端末向けの支援サービスであり、iOS端末の導入時のキッティング作業、初期設定作業をスムーズに行うことができる魅力的なサービスになります。
Apple DEP利用以前の企業管理者の作業は非常に煩雑でした。購入したiPhoneやiPadなどのiOS端末を開封して、個々の端末をMacと接続させて利用登録を行います。さらに個々のモバイルデバイス端末にmdmアプリケーションをインストールして、セキュリティ設定を行っていました。
ここまでの設定を行い、管理状態になった端末を利用者に配布するという流れであり、大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、全てのモバイルデバイス端末にこのような作業を行わなければならなかったのです。
しかしApple DEPを利用する企業管理者であれば、購入したモバイルデバイスのiOS端末のシリアル番号などをあらかじめApple DEPサービスに登録するだけでOKなのです。購入したiOS端末は何も設定することなく、従業員に配布できるので初期設定がほとんど必要ありません。

タイガー魔法瓶がCRMを導入

こんなニュースがネットに出ていたんですが、タイガー魔法瓶とCRMという文字がどうしても表面的に結びつかないんですよね^^

導入したCRMとはソフトブレーンのeセールスマネージャーRemix Cloud。こちらのソフトは、CRMとしてもSFAとしても非常に人気のツールですよね。

タイガー魔法瓶としては、「市場の変化に柔軟に対応してタイガーバリューを顧客に提供、長期的な相互信頼関係を構築」といったことが狙いで、eセールスマネージャーを導入したそうです。すでに日本ではタイガー魔法瓶は有名で、とくにコマーシャルで知られています。ですから、今更このブランドのネームバリューを・・と思わなくても良いのでは?と私なんかは思ってしまうのですが、やはり今後も生き残っていくためには、その価値を顧客に知ってもらう必要があるのでしょう。

ソフトブレーンには、4500社を超えるCRMそしてSFAの導入実績があるため、この会社のツールを選んだと解説されていました。

Android端末管理ツールのmdm

androidやiPhoneなどのスマートフォンを導入する企業は非常に多いです。企業でandroidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を用意して、従業員に1台ずつ支給することで、業務での連絡などは全て社用のモバイルデバイス端末を利用できるようになります。
androidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を導入することで外出先での業務も行えるようになり、上司と部下の連絡もスムーズにとれるようになります。
モバイルデバイス端末の導入は業務の効率を高めるためにも必要不可欠になってきています。androidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末を導入する場合には、androidやiPhoneなどの端末管理について考えなければなりません。
社員に端末を支給するだけして、その後の管理を行っていなければ、情報漏えいの危険性もありますし、不正利用につながる恐れもあります。
そこで企業としてはandroidやiPhoneの端末管理ツールとしてmdmを導入するのがおすすめです。

データを見てるだけになっていませんか?

CRMを使えば、顧客がどのような商品に興味を持っているのか、比較した商品はどういったものなのかがよくわかります。また、人が見て考える分析よりももっと掘り下げた分析結果を出すことも可能となります。その結果を見て、なるほど~とおもうだけになっていませんか?^^

CRMは、分析した結果をもとにそこから行動を起こすことで、売り上げアップにつながります。ただ、結果を見てなるほど、と関心するだけでは何も使っていないのと等しいわけです。

分析結果を見て、まず仮説を立てます。その仮説が正しいのかどうか、実際に検証。もし、顧客が商品に興味を持ってくれたり購入にすすめば成功ですし、だめであっても何が良くなかったのかを再度分析し、検証して別の仮説を立てる。このようにして、それぞれの顧客が持つ購入パターンというものを集めていくことができるわけです。

CRMは先が長いです^^しかし、長い時間をかけるからこそ、友好な関係も長く続けることができますから、辛抱強く使っていくことも大事ですね。

knowledgesuite.jp

そこ?が大事なんです

CRMの効果を最大限に活用するとしたら、どのようなことをしておけば良いのでしょうか。

事前にいくつかのCRMを比較して、自社の営業マンが使えそうな会社のものにすること、運用費がハッキリと提示されていること、自社で使っているシステムやツールと連携ができる製品であること。いろんなことをやっておく必要がありますよね。でも、きっと一番大切なことは、何のためにCRMを導入するのか、ということ、つまり目的は何なのかを社内全員がわかっていること、ここなんですよね。え?そこ?そんなところが大事なの??って思っていませんか^^

目的地点がわからないままに歩を進めてしまうと、営業マンはそれぞれ自分が向かいやすい場所に行ってしまいます。バラバラの場所に目的も無いまま歩かれては、管理者はどうやって情報を把握し、目的地点に営業マンたちを集めれば良いのでしょうか?

この、一番の重要事項をまずは導入前からしっかりと話し合っておく必要があります。

mdmの比較選定ポイントを把握しよう

mdmは導入すれば必ずセキュリティ対策が100%完璧になるとは限りません。導入するmdmの製品や、設定によってどれくらいセキュリティ対策ができるかは変わってきます。
mdmが市場で拡大するようになって10年以上経過します。現在ではmdm施関連のレポート閲覧も多くなっています。mdmプロジェクトの成功例やソリューションもたくさん紹介されているのでmdmに興味のある、関心のある企業、組織も増えてきています。インターネットからも様々なmdmの情報を知ることができます。
mdmは製品によってその特長や機能が異なります。また利用するための設定方法や、利用料なども違うことから、mdmを導入する際には比較が必要不可欠になります。
最適なモバイルデバイス管理=mdm製品を導入するには、どのような観点で選定するのがよいのかを知っておくことが大切です。
主要ベンダーを複数比較して、選定ポイントを把握してみるとよいでしょう。

tdk-music.com

健康食品を販売する会社の例なのですが、テレビコマーシャルの成功もあり、会社を立ち上げ、攻めの姿勢で営業活動をしていた当初は新規顧客の獲得も容易にできたそうです。

しかし1年が経過し、コマーシャルなどの広告費を見直す時期を迎え、経費縮小を行ったところ、会社の経営自体が傾きかけるほど、収入は減っていったとのこと。社内では、もう一度テレビコマーシャルに賭けてみては?という声も出たそうですが、一部の社員から、今いる顧客に目を向け、満足度の向上をした方が良いという意見もあったとのこと。

と言うのも、商品を初めて買った顧客の満足度が低いことが判明。社員は商品の売れ行きが良かったために、顧客への対応がなおざりとなっていたんだそうです。そこでCRMを導入し、それぞれの既存顧客への対応を見直し、的確に情報提供などを行ったところ、既存客はとどまり、そこから口コミが広まって新規顧客も増えていったそうです。

こんなにうまくいく例は非常に少ないとは思いますが、客が客を呼ぶということは、実際に起こっているようです。

sfa

mdmソリューションによるモバイルデバイス端末管理

会社でノートパソコンや、スマートフォン、タブレットを支給されるサラリーマンは多いです。会社ではノートパソコンを使用して、外出先ではスマートフォンやタブレットを使用するなど、時と場所に合わせて様々なモバイルデバイス端末を活用できます。
それらのモバイルデバイス端末は企業として一括して管理、設定する必要があり、その時に必要になってくるのがmdmソリューションです。
mdmとはmobole device managementのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理には欠かせません。
ビジネスで端末を利用する場合、ルールを明確にして、運用する必要があります。mdmで一括して管理をすることで、セキュリティリスクを最小限に抑えながら、ビジネスに集中することができます。
またmdmではモバイルデバイス端末自体の情報収集、情報把握もできます。
そのためアプリは何を使っているのか?などの情報も知ることができます。

byod導入時に課題となる項目は?!

ここ数年でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用が急速に普及してきています。
急速に普及するモバイルデバイス端末の法人利用における管理の必要性がささやかれている中、mdmツールを用いた一括管理はモバイルデバイス端末を円滑に利用するためには必要不可欠です。
モバイルデバイス端末の活用は、企業側が従業員に会社支給のモバイルデバイス端末を渡すケースが一般的ですが、最近では従業員の私物のモバイルデバイス端末をそのまま業務でも利用すbyodの事例も増えてきています。
私物のモバイルデバイス端末を利用するbyodではいくつかの課題があります。
まず私用で使うスマホと業務で使うスマホが全く同じになるので、使用制限などを行いにくいです。そのためセキュリティ対策などがゆるくなってしまう恐れがあります。
そこでbyodを導入する場合には、決定した利用用途の中で保護する情報の範囲を決定しなければなりません。

MAとの連携も

SFAは見込み顧客を既存顧客へとステップアップさせるために使われるツールですが、さらにマーケティングツールと連携させることで、確度の高い分析結果を得て、営業を効率的に進めることができるんでしょうね。

ただ、SFAは扱いが難しいツールだとも言われています。案件、営業の管理はほとんどエクセルでやっている会社が多く、それに慣れている営業マンばかりです。それなのに、わざわざ難しいツールを導入し、営業マンの負担を増やしてしまうのはどうか、という声も多いんですね。

しかし、SFA、そしてMAなど最新のツールを使いこなすことで、営業は効率化され、的を絞った営業が可能になります。無駄な営業、作業をすることなく仕事ができるわけですから、後々のことを考えれば、新ツールの導入、運用に慣れていき、他ツールとの連携までできるようになっておけば、今後は社内でも社外でも^^重宝される存在になると思いますよ!

您当前正在浏览 未分類 分类。