logo

スマホン地図

来年1月から提供スタート

都築電気が、ビジネスチャットのTCloud for BizChatにチャットボット機能を追加するそうです。実際のサービスの提供は来年の1月。

6種類のアプリと連携し、チャットの画面の中でこの6つの連携しているボットから情報を取り出したり、内容を送信したりできるようになるそうです。

その中にはSansan連携ボットと言って、名刺の管理ツールとの連携があり、「価格は初期費用が5万円、月額費用が1万円。」で、名刺情報を見たり検索することが可能となると。それぞれのボットでも同じような費用がかかるようで、その費用が高いのか安いのか・・、その辺はよくわかりません^^

しかし、名刺管理ツールと連携できることは情報の量も格段に上がるわけですから、営業マンとしてはぜひ使ってみたいツールになりそうですね。

スマートフォンでのmdm導入事例

iPhoneやiPadなどのiOS端末は世界的に普及しているモバイルデバイス端末になります。iOS端末は世界共通のOSなので、アプリケーション開発者がグローバル規模で拡大を進めています。
開発されたアプリケーションはAppleStoreなどのマーケットと呼ばれる掲載サイトに集積されて、ユーザーはそこにアクセスすることでアプリケーションのダウンロード、インストールをすることができます。
アプリケーションをダウンロードすることで簡単にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のカスタマイズが可能になるのです。利便性の高いスマートフォンなどのモバイルデバイス端末ですが、その分セキュリティリスクも高くなります。特に携帯性に優れているため、紛失や盗難のリスクがパソコンなどに比べて非常に高いです。そのリスクを回避するためにmdmを導入します。セキュリティ対策目的でmdm導入事例は急増しています。

機能が充実しているmdm

mdmはスマートフォンやタブレットなどの効率よく管理するためのツールになります。企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を一括で導入する場合、それらのモバイルデバイス端末の設定や管理は管理者だけでは非常に大変で大きな負担となります。そこでmdmツールを導入することで、効率よくそして安全に、モバイルデバイス端末を一元管理できるようになるのです。
mdmの機能としては位置情報の取得やメッセージ送信などがあります。メッセージ送信はコントロール画面よりスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に対してメッセージを送信します。
サービス配下の複数のモバイルデバイス端末に一斉送信することも可能となっています。位置情報取得機能は、通信端末の位置情報を取得できる機能になっているので、スマートフォンやタブレットが紛失したり、盗難されたりした時に、通信端末の居場所を特定することができるのでこちらの機能も便利な機能と言えるでしょう。

情報共有によって

今の営業と昭和の時代の営業では、大きく様変わりしていることがたくさんあると言われています。とくに、個人からチームへ、とこの辺が一番の変化ではないでしょうか。

属人的営業が主流だった昭和の時代。営業の中で得られた情報はほとんど営業マン個人が有していました。足で稼ぎ、作り上げた人脈で営業を進めていく。他の誰にも教えない、大事な情報ですからね。

でも今は個人ではなくチーム。業務上で得た情報は営業マンのものではなくて会社全体のもの、という考え方に変わってきているんです。そうなってくると、情報は共有しなければいけません。ここで、多くの営業マンは嫌がったと思われますね^^ただ、かなりこの考えに変わってから年数も経ちましたから、SFAなどの導入もあり、属人的営業をする人も減ってきていると思われます。そしてこのSFAにより、優秀な営業マンのノウハウ、経験だけではなくて、営業に対する姿勢や営業方法も共有されることで、チーム全体の営業テクニックを向上させることが可能となってきたんですね。

ksj.co.jp/knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

ワークスタイルの変革によるmdm市場の変化

スマートフォンやタブレットを管理するためのソリューションであるmdm=モバイルデバイス端末管理ツールは、大量のモバイルデバイス端末を円滑に管理するためには欠かせません。
モバイルデバイス端末を導入する企業が増えたことによって、mdmを導入する企業も比例して増加し、mdm市場は拡大を続けています。元々モバイルデバイス端末の管理だけを行うために開発されたmdmですが、デバイスの管理だけでは不十分であるとなり、現在ではアプリケーションの管理や、資産管理などが同時にできるmdmが人気を集めています。
アプリケーションやコンテンツデータを含んだモバイルデバイス端末のセキュリティが求められているのです。海外のmdmベンダーではEMMが注目を集めています。EMMとはモバイルデバイス端末自体の管理であるmdm機能だけではなく、インストールしたアプリの機能を制限したり、管理したりするMAM機能、ファイル共有を徹底管理できるコンテンツ管理機能であるMCM機能を兼ね備えた管理ツールになります。

レスポンスの把握だけじゃない

例えばメール、メルマガの開封率、クリック率など、いつも送っているものに対して気にしたことはありますか?顧客からのレスポンスがどれくらい早く、効果があったものなのか。

週に一度はメールやメルマガを書く為に時間を割き、営業そのものは放置状態。でもその送ったものが顧客は読んでくれているのか、気になりますよね。しかしそんなこと、分かるわけないでしょ?と思っているショップオーナーって、結構多いんですよね。

CRMを使えば簡単にこういったレスポンスを把握することができるんです。知らないオーナーさんにはぜひ、教えてあげたいくらい、便利なツールなんです。

それに、顧客のランクをつけたり、顧客それぞれに合ったメールやメルマガを送ることができるようになるため、顧客からのレスポンス云々ではなく、顧客の満足度を向上させ、長く顧客として購入してもられるという、とても嬉しい機能がCRMにはあるんです。

顧客情報の管理が目的と思っていたCRMが、実はそれ以上の効果を持っていることを、ネットショップのオーナーさんは知っていてほしいですね。

bring your own device導入で得られる利点とは?

bring your own deviceは個人が所有しているモバイルデバイス端末を業務でも利用することであり、会社用とプライベート用と複数のモバイルデバイス端末を持たなくてよいので、紛失、盗難のリスクを軽減できます。
複数のモバイルデバイス端末を所有するのは非常に面倒ですし、紛失や盗難のリスクも高くなってしまいます。しかしbring your own deviceを導入すればプライベートで使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することになるので1台で全てを賄うことができるのです。
普段から慣れ親しんでいるモバイルデバイス端末を業務利用した場合は整頓もしやすいですし、管理を普段通り行うことができれば効率よく業務に対応することができるでしょう。
ただbring your own deviceのデメリットとしては紛失、盗難、情報漏えいがあります。
bring your own deviceの導入に消極的な企業が多いのはこれらのリスクを敬遠しているからなのです。

プロジェクトチームを作る

CRMをどうしても成功させ、今いる顧客たちのそれぞれの売り上げアップを狙いたい、と思っている企業幹部の方も多いのではないでしょうか。

もし、本当にこれからCRMを導入するのであれば、いくつかのポイントを押さえておくことで、理想に近い成功を収めるのも夢では無いそうですよ^^

まず、プロジェクトチーム作りからです。しかも、営業部だけではなく、営業もマーケティングもコールセンターも資材部も、横のつながりをキープできるよう、それぞれの部門から選抜メンバーを選ぶことが第一条件となります。

次に、CRM一体何をしたいのか。目標の設定をきちんと掲げ、社員全員に研修することも必要となってきます。そしてCRMというツールによって何ができるのか、何を幹部たちはして欲しいのかを、具体的に社員に解ってもらえること、これも重要なポイントです。

そして最後に、CRM自体の使い方セミナーの開催、ベンダーの専門家らのフォローがしっかりとしているのか、こういったことにも目を光らせておくと良いでしょう。

顧客管理システム紹介|ポイントは

mdm導入事例におけるmdmライフサイクルとは?

mdm導入事例における企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務利用は、業務効率を格段にアップさせるだけではなく、従業員の働き方への満足度をQOLを高めるデバイスツールとしても欠かせません。
スマートフォンに対するmdm利用においても、要求に応じてシステムを企画し、企業のポリシーにマッチした適切な管理コントロールを適切な時期に、適切なコストで提供することが大切です。
技術的、環境的変化の流れが激しいスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末であっても、従来の情報システム構築と同様なのです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のライフサイクルの基本的な流れは、企画、調達、導入、運用、終了の5つになります。企画の段階ではmdm導入の目的や目標を達成するために必要とされるシステムへの要求事項をまとめて、実施計画を策定します。新しく構築するシステムの仕様を明確化して、ネットワーク回線やソフトウェアの選定を経て、システムを調節していきます。

商談化できる確率が3割も増加!

顧客を知ることでアプローチをかけた商談が実際に商談化できる確率が3割も増加した、という現実があります。大量生産の製品を手当たり次第に販売店におろし、売ってもらう、そういう時代はすでに20年以上前から崩壊しはじめ、顧客のニーズにきちんと沿った製品でなければ売れない、という時代に入っているんですね。そのため、顧客を知ること、これが最も重要な要素になっていることがわかります。

企業は、顧客情報を整理整頓し、また属性情報だけではなくて購入情報、購入前、購入後の情報、コールセンターなどへの問い合わせ、そして他の企業での情報など、あらゆる情報を集約し、そこからCRMを活用して出てきた分析結果を使って、顧客を知ろうとしています。

当の私たちは、個人情報が丸裸にされているようで良い気はしませんが^^企業はそれほどまでに必死ですし、それ以上にまだまだ情報を集めようとしているんですね。きっとその情報は、私たちに良い方向で還元されることを期待したいですね。

sfa

您当前正在浏览 未分類 分类。