logo

スマホン地図

こんなことは無いと思いたい・・

満を持して導入したSFA。これがあれば、営業後に会社に戻って日報を書く必要が無くなります。営業中に必要な資料を会社に忘れてしまっても、SFAを使っていればクラウドからダウンロードして顧客にiPadなどを使って見てもらうことも可能です。

請求書や見積書などを上司に確認してもらってから顧客に渡す時も、日にちを跨がずにSFAを使ってリアルタイムでやり取りができ、営業中に書類を渡すことが可能となります。さらに、営業後に迷いが出てすぐに誰かに相談したくなったり、進捗状況をリアルタイムで上司に報告したい時も、SFAがあればすぐにアップし、返事を待つことができます。

とにかく、SFAがあれば何でもできます!というくらい^^これまでに不可能だったことが可能になってしまうんですね。ところが、あろうことか、導入したSFAがモバイルデバイスに対応していなかった、オプション料金を支払っていなかったなどの理由で、スマホもタブレットも使えないということが起きてしまうんだそうです。ここ、最も重要ポイントですから、必ず先にチェックしておいてくださいね^^

市場が広がるmdm初期設定時のセキュリティ

企業でスマートフォンやタブレットなどを従業員に支給された場合、従業員は支給されたモバイルデバイス端末を用いて業務を行っていきます。
これらの企業が取り扱うモバイルデバイス端末はmdmと呼ばれるモバイルデバイス端末を管理するソリューションによって一元管理されており、セキュリティ対策や資産管理、アプリケーション管理などを目的に多くの企業で導入されています。
mdmはモバイルデバイス端末を導入したタイミングで同時に導入するケースが多く、今後さらにmdmの市場は拡大していくことが考えられます。
mdmを導入する際には、mdmソリューションの初期設定時のセキュリティ対策が必要です。mdm利用のセキュリティ機能が端末に依存している場合もあるので、機種ごとのセキュリティポリシーのコントロール可能な範囲を特定して、サンプルとなるモバイルデバイス端末機種でのセキュリティポリシーパラメーターを検討しておく必要があります。

そこにチャンスが転がっていたのに・・

後になって、「あの時そこにチャンスが転がっていたのに気づけなかった自分がうらめしい・・」そんなこと、思ったことはないですか?

ほんと、こういうことって、ちょっとしたことで気が付いてしまい、でもその時には既に遅いと。こういった経験を重ねて、営業マンたちは成長していくのかもしれませんがね。

しかし、今は案件の獲得、そして見込み客にアプローチできる機会も極端に減ってきています。その少ないチャンスをものにするためには、やはり「あの時こうしていればよかった」というようなことをしてはいけないんです。

SFAを活用し、今がチャンス!と明確にわかるように、最高のタイミングを分析から探し出すこと。これを実行したいですね。もちろん、チャンスをものにできなければ結果も出ない。ですから、営業は個人ではなく今はチームとして一緒に戦う姿勢を持つことも大事ですね。SFAを使ってSNSで常に情報交換をしていくことで、それまで知らなかった他の営業マンの持つ情報、案件の履歴などを参考に、これまでできなかった営業があk農になったりもします。

您当前正在浏览 4月, 2019 的归档。