logo

スマホン地図

bring your own deviceを認める範囲

bring your own deviceはbyodと略されることもあり、従業員が保有してる私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することを言います。
bring your own deviceは安易にその範囲を広げてしまうと、何らかしらのトラブルが発生する可能性があります。そのため企業としては安易にbring your own device可能な業務の範囲を広げるのではなく、どこまでをbring your own deviceとして認めるかをしっかりと判断する必要があるのです。
モバイルワーク環境において、常にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の紛失や盗難のリスクは付きまとってきます。
在宅ワーク=テレワークの環境下においては、、インストールしていたファイル共有ソフトや悪意あるソフトウェアによって、機密データが大規模に漏えいしてしまう…などの事件が起こる可能性が高くなります。

发表在:未分類

コメントをどうぞ