logo

スマホン地図

商談化できる確率が3割も増加!

顧客を知ることでアプローチをかけた商談が実際に商談化できる確率が3割も増加した、という現実があります。大量生産の製品を手当たり次第に販売店におろし、売ってもらう、そういう時代はすでに20年以上前から崩壊しはじめ、顧客のニーズにきちんと沿った製品でなければ売れない、という時代に入っているんですね。そのため、顧客を知ること、これが最も重要な要素になっていることがわかります。

企業は、顧客情報を整理整頓し、また属性情報だけではなくて購入情報、購入前、購入後の情報、コールセンターなどへの問い合わせ、そして他の企業での情報など、あらゆる情報を集約し、そこからCRMを活用して出てきた分析結果を使って、顧客を知ろうとしています。

当の私たちは、個人情報が丸裸にされているようで良い気はしませんが^^企業はそれほどまでに必死ですし、それ以上にまだまだ情報を集めようとしているんですね。きっとその情報は、私たちに良い方向で還元されることを期待したいですね。

sfa

发表在:未分類

コメントをどうぞ