logo

スマホン地図

byod導入時に課題となる項目は?!

ここ数年でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用が急速に普及してきています。
急速に普及するモバイルデバイス端末の法人利用における管理の必要性がささやかれている中、mdmツールを用いた一括管理はモバイルデバイス端末を円滑に利用するためには必要不可欠です。
モバイルデバイス端末の活用は、企業側が従業員に会社支給のモバイルデバイス端末を渡すケースが一般的ですが、最近では従業員の私物のモバイルデバイス端末をそのまま業務でも利用すbyodの事例も増えてきています。
私物のモバイルデバイス端末を利用するbyodではいくつかの課題があります。
まず私用で使うスマホと業務で使うスマホが全く同じになるので、使用制限などを行いにくいです。そのためセキュリティ対策などがゆるくなってしまう恐れがあります。
そこでbyodを導入する場合には、決定した利用用途の中で保護する情報の範囲を決定しなければなりません。

发表在:未分類

コメントをどうぞ