logo

スマホン地図

Apple DEPのメリット

Apple DEPはapple社が法人のお客様向けに販売するiPhoneやiPadなどのiOS端末において提供するサービスプログラムのことです。
このApple DEPを利用することによって、iOS端末を業務で導入する際に初期設定がスムーズに行えるようになります。
Apple DEPのメリットとして、初期設定時にmdm設定が自動で実行させるあめ、キッティング作業が簡易化できます。また設定したセキュリティポリシーを保持できるためセキュリティ機能も向上します。
mdmサービスはdevice enrollment programに対応しているものであれば、好きなものを利用できるので、企業で導入を検討しているmdmであってApple DEP対応であれば問題ないのです。Apple DEPのサービスは無料で利用することができるので管理者の負担を軽減させるためにもApple DEPは利用するべきでしょう。
ただApple DEPのサービス対象者は法人契約で購入したiOS端末のみになっているのでその点は注意しておきたいです

無くてはならないツールに

今や田舎の会社でも「早く帰れ!」「休みをもっと取れ!」と言われるんだそうです。それまでは、休日出勤していても残業していても当たり前のように何も言わなかった上司が、近頃は全く逆のことをうるさく言ってくると、友人も嘆いていました。

ただ、働く時間が減ってもやらなければいけない仕事の量が減るわけではありませんから、人が足りない場合は結局休みの日にしているけど働いてる・・と言っていました。人の手でしか出来ない業種の場合には、これは致し方ない感じです。

その点、営業マンの方などは、CRMといった営業支援ツールを導入することで業務の効率化が実現できますから、会社もこういったツールには大きな期待をもっているようです。情報の共有化の実現、営業ノウハウ、知識の共有化も可能になりますから、営業マン同士のコミュニケーションの場になったり、ほかの部署との連携がスムーズにできる、といったメリットも生まれていると聞いたことがあります。

CRMは、営業現場での働き方改革には無くてはならないツールになっているんですね。

営業支援システム情報

您当前正在浏览 10月, 2018 的归档。