logo

スマホン地図

スマホでサクサク使えることが大事

SFAの導入に迷っている方がいたら、まず教えてあげたいのはスマホでサクサク操作できるSFAであるか、ということですね。と、ある専門家が言っていました^^

やはり営業マンは外回りに多くの時間を割くもの。なので、ノートパソコンをいちいち開いていたら時間の無駄ですからね。スマホで簡単に操作できるSFAであれば、営業後すぐに移動中の時間を使って営業報告を送ることができるわけです。

また、自分が報告を送るだけではなくて、情報を引き出すことも可能です。そもそもSFAはグループ内、会社内で情報を共有できることも大きなメリットです。顧客から別の製品の資料が欲しいと言われても、パンフレットを持参していなくて悔しい思いをした・・という営業マンも多いでしょう。しかしSFAを使っていれば、その資料をクラウドから取り出し、パンフレットは無くてもスマホやタブレットで見てもらうことができるんですね。これは営業上大きな武器にもなるはずです。

参照URL

mdm導入は常識的?導入時に覚えておきたい比較ポイント

mdmと一言でいってもそれぞれの製品によって違いがあります。その違いをしっかりと理解して比較することが重要になってくるでしょう。
最新のmdmにはトレンドがあり、いくつかの選定ポイントがあります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際には同時導入が必須となりつつあるmdm。mdmではモバイルデバイス管理ツールのことであり、最新トレンドをベースに様々な製品が登場しています。
企業や教育現場で大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、mdm導入は今や常識となりつつあります。
情報流出やコンプライアンスの面からセキュリティの担保、資産管理の軽減のためにmdmは欠かせいません。
mdm製品の中にはmdmとしての基本的機能の他に、アプリケーションの機能を制限できるmamやファイル共有を徹底管理できるmcm機能がついた製品もあります。
そのような機能を企業として求めているかどうかで、mdmの比較ポイントも変わってくるでしょう。

アナログに戻った方が^^

名刺の管理ツールを使っていても、それを活用できない!っていう人もいますよね。傍から見ると、何かの時には役立てよう!という意識があれば、すぐに開いて見れば良いのに・・と思うのですが、当の本人はそれさえ思いつかない、面倒くさいと思っているようです。これではデジタルにする前、アナログで管理していた時の方が名刺を有効活用できていた・・のかもしれませんね^^デスクの上に束になった名刺を見れば良いだけのことですからね。

でも、こんな感じの人、相当な数、居たりするのかもしれません。綺麗に整理整頓したが故に、かえってどこに整理したのかを忘れる^^あるいは整理したことで満足してそれを見返すことを習慣にしない・・など。こんな人は、アナログに戻った方が良いかもしれませんね^^

VPPの利用方法

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で大量導入する場合、mdmやVPPなどのツールを利用することで効率よく大量のモバイルデバイス端末を一括管理することができます。
VPPのアプリ配布を利用するにはVPPアカウントの取得が必要であり、VPPの管理配布にはiOS7以上のiPhone、iPadが必要となります。各モバイルデバイス端末のユーザーは配布されるVPPアプリのライセンス取得のために、各個人が所有するappleIDを持っている必要があります。このappleIDでiOSデバイス上でサインインすることになります。
VPPを利用するためにはappleDeploymentProgramsのアカウント作成が必要であり、このアカウントをVPPに登録することで専用のappleIDを作成していきます。このappleIDでVPPストアにログインすれば、様々なビジネスツールを購入することが可能です。

您当前正在浏览 8月, 2018 的归档。