logo

スマホン地図

byodの現状と課題

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進む中、企業が用意したモバイルデバイス端末を支給するのではなく、従業員が個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodを導入するケースも増えてきています。
byodはbring your own deviceの略であり、従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場内に持ち込み、業務に利用することを言います。
byodを導入することによって生産性やモチベーションのアップ、従業員満足度が向上するといわれており、たくさんのメリットがある反面、セキュリティ対策などの課題があるため、企業でbyodを導入する場合にはしっかりとした対策が必要になってきます。
盗難や紛失による情報流出など情報セキュリティに関するリスクは避けられません。
byodの導入率は日本はあまりまだ浸透していません。スマートフォンの普及率からみても、企業側の対応が追い付いていないという現状があります。

发表在:未分類

コメントをどうぞ