logo

スマホン地図

byodの現状と課題

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進む中、企業が用意したモバイルデバイス端末を支給するのではなく、従業員が個人で所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodを導入するケースも増えてきています。
byodはbring your own deviceの略であり、従業員の私物であるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を職場内に持ち込み、業務に利用することを言います。
byodを導入することによって生産性やモチベーションのアップ、従業員満足度が向上するといわれており、たくさんのメリットがある反面、セキュリティ対策などの課題があるため、企業でbyodを導入する場合にはしっかりとした対策が必要になってきます。
盗難や紛失による情報流出など情報セキュリティに関するリスクは避けられません。
byodの導入率は日本はあまりまだ浸透していません。スマートフォンの普及率からみても、企業側の対応が追い付いていないという現状があります。

日報管理だけを利用していると・・

SFAの導入の背景には、日報管理を効率化したいという声があるようです。どうしても毎日日報を記入するために帰社しないといけない、週報だと月曜日のことは記憶が薄くなっているなど。そこで、実際にSFAを導入し、使っていると、また別の問題が出てくるんだそうです。

そもそもSFAは日報を管理できるツールでもあるのですが、実際には案件や商談を管理するためのツール。日報は営業マンの行動すべてが記録されていくので、使っていくうちに営業マンもマネージャーも営業マンの行動管理をしてしまっているんですね。これに気づかずに運用を進めると、案件や商談の管理はどうなった?ということになってしまうんです。本当にSFAの運用って難しいですよね。

真面目に使っていてもそうなるんですから、いい加減に使っていたら運用費の無駄遣いそのものです^^

こうならないようにするには、常に営業マンとマネージャーが、自分たちがSFAを使う目的の意思統一を図り、案件、商談管理を徹底させることも必要なようです。

您当前正在浏览 7月, 2018 的归档。