logo

スマホン地図

mdm製品を選ぶ上での比較ポイント、導入形態とは?

mdm製品は数多く登場しています。そのため企業によっては自分の会社ではどのmdmを導入すればよいのか分からない・・という悩みを抱えているかもしれません。
ではmdm製品を選ぶ時にはどのような点を比較すればよいのでしょうか?
まず必ず比較しておきたいポイントとして導入形態があります。
企業では自社のモバイルデバイス端末の導入状況とmdm製品に求める要件をしっかりと把握する必要があります。
mdm製品には導入形態が2種類あります。
1つはオンプレミスという導入形態であり、社内LAN内の追加サーバーとして扱うことになります。この場合、導入後の適切な管理が必要であり
、mdm製品に定期的にパッチを適用して、脆弱性をスキャンします。
2つ目、mdm製品の機能をクラウドサービスとして利用可能にしたmdmサービスになります。導入形態にはこの2つの形態があるので、mdm製品を選ぶ時にはどちらの形態なのかを確認するようにしましょう。

日報に週報に会議資料に

営業マンが案件の報告業務に多くの時間を費やしていることは、よく知られたことです。疲れた体で会社に戻り、そこで日報を記入。週末だったら週報も。そして週明けの営業会議に間に合うように資料作成も。こんなことやってたら、いつ家に帰ることができるのか・・。夜中の帰宅も全然あり。でも給料は上がらない。本当に大変です。

この中のほとんどが、SFAを導入することで楽に簡単になる、ということ、教えてあげたいですよね^^

SFAはスマホでもタブレットでも利用可能ですから、帰社しなくても日報、週報が入力できます。しかも、項目チェックだけのものにすれば、5分とはかからないでしょう。案件の細かなプロセスを書きたいときには、別の機能を使ったり、SNSで報告することもできます。また、会議に使う資料もSFAから項目を設定して抽出すれば、簡単に作ることができます。

同じ給料で、こんなに時間や手間を無くせるんだったら、絶対にSFAを導入してもらった方が得ですよね^^

mdmの導入目的

mdmを導入する目的は企業によって様々ですが、会社が支給したモバイルデバイス端末の紛失、盗難時のセキュリティ機能対策として用いる企業が多いでしょう。
企業が業務用にIT機器を配布した場合、IT管理者は適切に管理、運用するためにしなければなりません。
配布時だけではなく、配布後もk儀容が決めた運用ポリシーがきちんと守らなければ監視をしなければなりません。
また運用ポリシーに変更があった場合には、すぐにその内容をモバイルデバイス端末機器にその変更内容を把握しなければなりません。
mdmの導入目的を明確にして、選ぶmdm製品を判別していく必要があるでしょう。mdmの導入目的は様々ですが、モバイルデバイス端末新規配布時に必要な設定や配布後の設定変更を簡単にそしてスピーディーに行うことがでい、大量端末の一元管理が可能です。また企業の情報資産の漏えい、持ち出しを防ぐためにもモバイルデバイス端末の機能制限はするべきでしょう。

なぜ今CRMが利用され始めているのか?

なぜ、営業の分野で今CRMが注目され、利用が広まっているのか知っていますか?それだけ顧客情報を管理することが重要だから、情報を一元管理し、効率的に営業ができるからなんですね。

ネットの普及は私たちの生活をとてつもなく便利にしてくれました。ここ20年ほどで、人の生活自体、大きく変化し効率化されています。ということは、ビジネスの分野はそれ以上に大きな変革が起きているわけです。

ただ商品を提供すれば売れるということはなく、顧客のニーズをしっかりと感知し、顧客の満足度を上げていかないと顧客は離れてしまうんですね。

CRMは顧客情報を一元管理し、それぞれの顧客について分析することができます。分析して得た情報はそれぞれの顧客に返すことができます。顧客が次に欲しいと思う時期、商品を顧客よりも先に察知し、顧客に提案。顧客は自分に合ったタイミングで提案してもらえるため、自ら商品を探したり注文のために手間をかけることなく、簡単に商品を手に入れることができ、満足度を向上させることが可能となるんですね。

您当前正在浏览 6月, 2018 的归档。