logo

スマホン地図

いずれにしても手間を惜しまないで

名刺の管理ツールの利用が広まっていますね。名刺をスキャンしてデータ化できていれば、どこにいても名刺の情報を閲覧でき、利用することができます。他の社員の名刺も確認できるため、自分がアプローチできずにいた人まで何とか人脈を作ってたどり着くことも可能となるんです。

ただ、やはりひと手間は必要ですよね。デジタルで簡単に管理!と言っても、名刺の交換後にはその人物や商談内容をメモしておく。一定期間を決めて名刺をスキャンすること。仕上がったデータはきちんと確認すること。これらの手間を惜しむと、せっかくの名刺情報を活かすことはできません。

自分でExcelに手打ちすることを考えれば効率的であることは間違いありませんからね。

knowledgesuite.jp

发表在:未分類

コメントをどうぞ