logo

スマホン地図

情報量多い現代に必要なmdm

スマートフォンやタブレットの普及によって私達の生活の中にはスマートデバイスが当たりまえのように存在します。スマートデバイス端末の発達に伴ってマルチデバイスに対応しているクラウド製品も増えてきており、社外で仕事をする機会も増えています。企業でスマートデバイス端末を使用する場合には、取り扱う情報をしっかりと守って万が一に備える必要があるのです。そんな時に欠かせないツールとなるのがmdmツールです。Mdmはスマートデバイス端末の管理ツールであり、mdmを導入することで一括管理が可能になり、セキュリティポリシーを高めます。セキュリティポリシーを高めることで、同じレベルの管理を全社員で統括することが可能になるのです。多くの情報を取り扱っている企業にとっては、mdmツールは必須のシステムと言えます、情報量が多い現代だからこそmdmによる管理は必要となっているのです。日本で提供されているmdmツールの数も年々増えています。企業に見合ったmdmツールを選びたいですね。最新MDM 比較

積極的に使えば使うほど、SFAの効果は得られる

営業と一言で言っても業種によってさまざまあり、日報の書き方、書き込む内容も違いますよね。しかも、数字ばかりでよいところもあれば、顧客の生の声をそのまま言葉に残しておくことが必要なところもあります。

このように、自社に必要な営業日報は、自分たちで作り上げていくことが重要となります。過去の営業内容も参考にしたり、顧客の声をすくい上げる。こういったことを効率的にできるのがSFAです。

SFAはそれぞれの企業に適した日報機能をカスタマイズでき、顧客それぞれのカルテのように、多くの情報を蓄積していくことが可能です。

また、スマホやタブレットなどのスマートデバイスを活用できるため、いつでもどこからでも日報への入力ができ、ほかのメンバーもそれを確認することができます。つまり情報共有が難なくできてしまうということなんです。

中には、成績の良い営業マンの日報を参考に、営業手法や顧客とのやりとりを勉強し、自分の営業に活かしている人もいるほど。積極的に使えば使うほど、SFAの効果は得られるのです。

sfaクリウド

mdmのセキュアブラウザ機能

スマートデバイス端末の利用状況はすぐにわかってしまいます。企業や学校でスマートデバイス端末を導入する場合、履歴などが分かってしまうと、情報漏えいの危険性が高まってしまいます。そこでmdmツールで一元管理してしまうことでそれらのリスクも最小限に抑えることができるのです。例えばmdmのセキュアブラウザと呼ばれる機能があれば、情報漏えいリスクを抑えることができます。このセキュアブラウザとは、標準のブラウザでは残ってしまうキャッシュなどのデータもweb閲覧後に自動的に削除することができる機能になります。スマートデバイス端末に重要な企業データを残さないため、スマートデバイス端末紛失時に、フィッシング詐欺サイトやマルウェアからの情報漏えいリスクを抑えることができるのです。
キャッシュの他、Cookie、閲覧履歴、IDパスワードなども全て保存しないようにすることで情報が漏えいしにくくなります。スマートデバイス端末で自動保存されてしまう情報には危険がいっぱいですので注意しなければなりません。MDMによるスマートデバイスの安全管理

Zoho Flowをスタート

ゾーホージャパンが新しいサービスを複数スタートさせているそうですが、そのひとつとしてクラウドサービス連携プラットフォームの「Zoho Flow」も提供がはじまっているそうです。

Zohoは多くのクラウドサービスの集まりで、その一つがこのZoho Flowなのですが、90を超えるサービスとの連携が今回可能になったそうなんです。GmailやGoogleカレンダーなどのGoogleサービスやChatWorkなどのチャットサービス、そして名刺の管理ツールSansanなど様々な企業のツールが連携して使えると。

こんなに多くの、しかもメジャーなものばかりを使えるようになれば、営業支援ツールをセットで導入しなくてもこのZoho Flowを使って欲しいツールだけを連携させ、営業に活用することもできそうですよね。

参照URL

ゲームアプリ事業者向けのCRM

こんなものがあるんですね。CRMにも様々な業種向けのものがあるとは知っていましたが、ゲームアプリ事業者向けのアプリ。それが、デジタルガレージとReproが協業し、CRMのコンサルティングサービスとして提供していくそうです。

デジタルガレージという会社は、ネットで広告を運用によってPDCAを非常に効果的に回している会社。広告を最大限に利用してその効果を得ているそうです。

一方のReproは同名のツールをサービスしていて、ユーザーの属性、行動情報などを可視化し、さまざまな分析を行いユーザーに最適な情報を配信できるとのこと。

この2つの企業の協業によって、それぞれの得意分野を活かし、ゲームユーザーに対して「コミュニケーションの活性化を実現するCRMコンサルティングをワンストップで提供」していくそうです。

ゲームのユーザーに目を付けるところが肝ですよね^^ただ、学生やそれ以下の子供もユーザーには多いため、顧客満足度の向上だけを訴求していくツールであれば良いのですが・・。。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa/sfa-detail04.html

您当前正在浏览 3月, 2018 的归档。