logo

スマホン地図

基礎学力の向上につながるタブレット、mdmの導入

全国には小学校の授業にiPadなどのタブレット端末を導入した自治体もあります。この場合1人に1台スマートデバイス端末を配布することになるので、何千台ものタブレット端末を一度に導入することになります。スマートデバイス端末を使ったICT教育は基礎力の向上や21世紀型スキルの育成には欠かせないツールになります。教育現場での負担を最小限に抑えるためにはmdmツールの活用が欠かせません。低コストで、高い稼働率を実現するタブレット端末の運用を推進し、セキュリティ対策や資産運用なども行えるmdmは大企業や教育機関など多数のスマートデバイス端末を導入する時に一元管理するためには必要不可欠なのです。
小学校でスマートデバイス端末を導入することで教師主導で進む知識伝達型の一斉的な授業から、学習者つまり生徒自らが主体となって授業を実現していくICTの積極的な活用を目指していくのです。スマートデバイス端末ツールによって基礎学力は向上し、授業改善にもつながります。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

通知は便利!

よく、CRMを活用すると情報の共有化ができるようになります!と聞きます。確かに社員全員が同じ情報を常に共有できることは素晴らしいと思うのですが、どうやってその情報が上がってくるのを知るのか・・ちょっと疑問だったんですよね。

CRMの場合、クラウドが用いられ、そこに情報をアップすることになります。ほかの社員はその情報をいつでもどこからでも確認ができますが、誰がいつどんな情報をアップしたのか、それが送られてこないと何もわからないわけですよね。

あるCRMを開発しているベンダーでは、これをタイムラインで通知する機能を入れているそうです。・・もしかしたらほとんどのベンダーがそうなのかもしれませんが^^これは便利ですよね。

LINEにもタイムラインがあるので、ほとんどの世代がタイムラインという言葉にも抵抗がないでしょうし、実際に使って見ているため、使い方も教えてもらう必要もありません。タイムラインにアップされたものが自動で通知される。これで、情報の共有化が本当の意味で可能になるわけですね~。

名刺CRM紹介 |サービス案内 | KnowledgeSuite

mdmでの効率のよいアプリ管理

スマートフォンやタブレットなど企業で利用しているスマートデバイス端末全てのアプリケーションを管理者が一元管理するためにはアプリの管理、配信機能についてmdmの管理が重要になってきます。
Mdmであればスマートデバイス端末全てのアプリを管理者が一元管理して、遠隔からのアプリ配信を可能にした効率のよいアプリ管理ができるでしょう。
アプリ配信機能では、ストアアプリや自社開発のアプリを一括で管理して、端末に全て配信することができます。
また管理しているアプリごとに通知の設定を適用することも可能です。
端末1つ1つにアプリをダウンロードし更新する作業は非常に大変です。そこでアプリ配布効率化を図るためにmdm管理を行うのです。管理者がアプリを一括購入して、リモートで配布、回収、サイレントインストール(
強制配布)を可能にしてしまいます。ライセンスの利用状況の把握もできますので、効率のよいアプリ管理が可能となるでしょう。MDM MoDeM

入れ替わりがすご過ぎて・・

企業の中で重要な役職に就いている方が、数年後にはライバル企業や全く業種の違うところでトップになっていたり。テレビを観ていても、社名の御本人の名前が何かしっくりこないな~と思っていたら会社を変わっていたんだ!と驚くことがここ数年増えてきました。それだけ実績のある優秀な人材はさまざまなところから求められているのでしょうね~。

ダイエットと言えば今ではライザップを思い浮かべるようになったくらい、あの特徴的なコマーシャルはインパクト大でした。そのライザップグループに2年前から元ユニクロの重要人物が取締役として入社し、IT関連を受け持つ部門で働かれているそうです。「入社1年で既に、データセンターのクラウド化、CRM基盤を導入した。」とのこと。そのほかにもメールなどのツールをoffice 365に移行したそうです。

ライザップグループも元々はこんなに大きな企業ではなかったため、システム基盤にもそこまで目が行っていなかったのでしょう。それが今や一大グループ企業になったわけですからね。顧客管理の基盤の整備から進める必要があったのでしょうね。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa/sfa-detail04.html

端末紛失時に欠かせないmdm機能

スマートデバイス端末内にはたくさんの個人情報や企業の機密情報などが入っています。このデバイス内で扱う個人情報、機密情報の漏えいを起こさないようにするために備えは万全にしておく必要があるでしょう。そこでmdmツールの出番です。Mdmツールは万が一の盗難、紛失のために、遠隔操作でスマートデバイス端末をロックしたり、スマートデバイス内のデータを消去したりすることもできます。
また組織のセキュリティポリシーに沿った、スマートデバイス端末の活用のために、スマートデバイスの一部の機能だけを一元管理して利用を制限することなでもできます。ビジネスで不必要な機能の利用を制限することで不正使用を未然に防ぐことにもつながります。リモートロック

您当前正在浏览 2月, 2018 的归档。