logo

スマホン地図

顧客が顧客を呼んでくれていた

営業活動をそこまで頑張らなくても、製品やサービスの質、そして特異性のあるものを提供していれば、顧客が顧客を呼んでくれる、そういった場合もあるようです。これってある意味理想的ですよね。毎日営業活動に苦戦している営業マンからみれば、どんなに有難いし、時間の無駄も無くなるか・・、羨ましい限りだと思われます。

でも、経営者側からの視点で見ると、いつ、このような幸せな状況が途絶えてしまうのか、不安もありますよね。なので、営業支援ツールなどの導入も少しずつ始まっているようです。

既存の顧客の満足度を向上させれば、さらに顧客は顧客を呼んでくれるでしょう。そこで、CRMの活用によってそれが実現できるのではと期待されています。また、属人的営業からも抜け出せるので、経営者はどのような営業プロセスで商談がまとまっているのかを、リアルタイムで確認することもできるようになるんですね。

様々な観点からも、CRMといった営業支援ツールの導入はこれからの営業活動には無くてはならないものとなりそうです。

詳しくはこちら

发表在:未分類

コメントをどうぞ