logo

スマホン地図

企業の利用用途にあったmdmツールを選ぶことが大切

mdm管理ツールは、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスありきの製品であり、モバイルデバイスの進化に追随せずに、機能が実装されていないと最新のモバイルデバイスの効率性を最大限に享受することはできません。そうするとせっかくモバイルデバイスを導入しているので効率アップにはつながりませんし、他の企業から取り残されてしまう…ということもあるでしょう。さらにモバイルデバイスは革新的なスピードで進化を続けています。その中でコストをかけて、mdmツールを導入したのに、途中でサービスが停止や、アップロードをしなくなってしまったら、今まで管理してきたことがすべて無駄になってしまい、一からmdm製品の選定を始めなければなりません。Mdm製品を選ぶ時には、きちんとmdm製品のアップデートが行われ製品なのかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。
またそれぞれの企業の規模や利用用途、導入デバイスに遭ったmdm選定も大切になってきます。
トライアル可能なMDM modemを試してみてはいかがでしょうか使いやすいのを自分で選ぶのも大事です。

BYODとは?!

日本の企業や組織では、自分のモバイルデバイスを導入するBYODは積極的に推進されていないという現状があります。ではなぜ日本の企業においてはBYODが積極的に推進されていないのでしょうか?それは企業が十分に安心できるセキュリティシステムが確立されていない場合が多いからなのです。セキュリティに対する規定やソリューションなどが確定されていない場合、自分のモバイルデバイスをビジネスにおいて活用するのは非常に危険です。しかしBYODを導入していない企業や組織においても、今後きちんとBYODの規定を行っていかなければセキュリティリスクが高まってしまう危険性があるのです。
BYODとは個人所有のスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを業務に持ち込んで仕事を行うことを言います。ビジネスの効率がアップするというメリットがある反面、情報漏えいの危険性などのデメリット、リスクもあることをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。BYODする場合にはmdm管理することが必要になってきます。

您当前正在浏览 9月, 2017 的归档。