logo

スマホン地図

仮想デスクトップ

MDMサービスにおいて真っ先に挙げられる「紛失、盗難」への備え。モバイル端末の紛失や盗難が怖い理由は「中身」が重要な機密や個人情報であるケースだ。それは端末に限らず「カバン」の中の書類でも同じだけの脅威があると言える。しかしカバンの中が「カラ」ならどうか?個人使用のPCであればそこまで堅牢なセキュリティーは必要ない。単純に失う物が無いからだ。同じように携帯端末の中身がカラなら紛失リスクは大きく軽減できる。もちろん本当にカラだと仕事にはならない。そこで端末にはデータを置かず、仮想デスクトップへのアクセスによって情報を得るというスタイルだ。少なくとも「紛失」に気付いていれば、その端末のアクセス権限を凍結する事で機密は守られる。もちろん仮想デスクトップのアクセスに関しては相応のポリシーにそったパスワードの設定や、場合によっては「顔認識」などの生体認証を用いるなど、紛失に気付くまでの「危険な時間」をやり過ごす為の努力と紛失を隠蔽されないだけの社員教育の重要性は従来のリモートワイプやリモートロックの運用と変わりない部分だ。mdmサービスに関してはこちら

发表在:未分類

コメントをどうぞ