logo

スマホン地図

転ばぬ先の杖

スマホを始めとする各種携帯端末の利便性については今更説明の必要もないと思うが、利便性ばかりを追い求め、セキュリティー対策が「ガラパゴス」のままでは話にならない。制限を担保とした「事なかれ主義」ではモバイルデバイスにおけるセキュリティーは確保できない。ある意味では会社の情報資産を個人に委ねるという状況が色濃く出てしまうのが携行性と利便性の持つ虚弱性の一つであると言える。そういう意味では個人が企業に合わせると言う形より、企業が個人に合わせるという流れも顕著に現れるようになってきた。MDMにおける一元管理が最低限の基盤であると同時に、個人端末の業務活用も視野に入れると、管理はより複雑かつ、プライバシーの考慮も必要となる。MDMサービスも数多く存在し、様々なサービスが展開されており、次のステップとして様々な概念、サービスとの連携も必要になってきている。使用用途や仕事の主体が何であるかをキチンと認識した上で「最適解」を探す必要もあるが、まだまだ成長を止めない分野だけに、悠長に構えている時間も余りないと言えるだろう。変化する時代にMDMは必須です。

仮想デスクトップ

MDMサービスにおいて真っ先に挙げられる「紛失、盗難」への備え。モバイル端末の紛失や盗難が怖い理由は「中身」が重要な機密や個人情報であるケースだ。それは端末に限らず「カバン」の中の書類でも同じだけの脅威があると言える。しかしカバンの中が「カラ」ならどうか?個人使用のPCであればそこまで堅牢なセキュリティーは必要ない。単純に失う物が無いからだ。同じように携帯端末の中身がカラなら紛失リスクは大きく軽減できる。もちろん本当にカラだと仕事にはならない。そこで端末にはデータを置かず、仮想デスクトップへのアクセスによって情報を得るというスタイルだ。少なくとも「紛失」に気付いていれば、その端末のアクセス権限を凍結する事で機密は守られる。もちろん仮想デスクトップのアクセスに関しては相応のポリシーにそったパスワードの設定や、場合によっては「顔認識」などの生体認証を用いるなど、紛失に気付くまでの「危険な時間」をやり過ごす為の努力と紛失を隠蔽されないだけの社員教育の重要性は従来のリモートワイプやリモートロックの運用と変わりない部分だ。mdmサービスに関してはこちら

您当前正在浏览 8月, 2017 的归档。