logo

スマホン地図

mdmの階層管理

mdmを効率よく運用するには優れた管理者の存在が欠かせない。その一方でmdm管轄下の端末数が多くなればなるほど管理者の負担は増加する。もちろん数が少なければ1人の管理者でも対応できるだろうが、100、200となると効率的に管理運用するのは難しくなる。当然ながら打開策は管理者を増やす事だが、同じレベルの管理者を複数置く必要はない。すべての権限を持つ「マスター管理者」の下に各部署を取り仕切る別の管理者を置けばいい。スマホの使い方もまた部所毎の業務によっても使用する機能も異なる。マスター管理者の下に属する管理者に与える権限も自由に設定できるサービスが多く、それぞれの管理者に与える権限の事を「ロール」と呼ぶ。ロールという言葉が役割を意味することは有名だろう。必要な管理権限だけを与えることで、管理作業を分散化しマスター管理者の負担を軽減する事もできる。そして権限を限定する事で、管理者の育成期間も短くする事ができる。mdmの効率的な運用には適切に機能する土台の構築こそが急務であると言える。mdm情報なら

发表在:未分類

コメントをどうぞ