logo

スマホン地図

モバイルデバイス管理にかかるコストが問題となる?!

企業や学校などの教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入するにあたって課題になるのが「モバイルデバイス管理にかかる費用」です。企業の場合、社員の私物であるスマートフォンやタブレットの業務利用も含めて、社内に様々なモバイルデバイス端末がある場合、業務で使用するために必要な設定をするための手順が、それぞれの機種によって異なり、非常に大変になることがあります。そこでmdmサービスをりようすることで、業務に必要な設定を、どのモバイルデバイス端末においても同じ手順でまとめて作業できるようにしているのです。この設定を初期導入と言い、業務に必要なソフトウェアのインストールや、リモート実施が可能なソリューションなども提供されています。
モバイルデバイス管理の費用を抑えるためにはmdmサービスを利用するのが何よりもよいのです。Mdmソリューションを導入すれば、企業で私物のスマホやタブレットなどのデバイスを持ち込んだ場合でも管理がしやすくなるのです。
mdmの教育現場での利用が増えてく

mdm利用で必要なものはある?!

mdmを利用したいと考えた時、何が必要かわからないという人は多いでしょう。特にmdmを利用したことがないユーザーにとってはmdmサービスをしっかりと理解している人は少ないです。mdmを利用する場合、モバイルデバイスのプラットフォームの種類によってはプッシュ型通知を利用する必要がでてくる可能性があります。その場合はAPNSやGCMなどへの登録が必要になってくるので注意が必要です。多くのmdmサービスを提供するサイトに登録方法などは詳しく説明されているでしょう。
またmdmに登録されると、mdmのプロファイルがモバイルデバイスにインストールされることになります。もモバイルデバイスがmdmの管理下に入った時には、モバイルデバイスを利用するユーザーにきちんと通知されるので管理されたくないといった時には拒否することもできます。
しかし一度mdmに登録されて管理された状態になると、管理者が何か設定変更をしたとしても特に通知されることはありません。
mdm情報

mdmの階層管理

mdmを効率よく運用するには優れた管理者の存在が欠かせない。その一方でmdm管轄下の端末数が多くなればなるほど管理者の負担は増加する。もちろん数が少なければ1人の管理者でも対応できるだろうが、100、200となると効率的に管理運用するのは難しくなる。当然ながら打開策は管理者を増やす事だが、同じレベルの管理者を複数置く必要はない。すべての権限を持つ「マスター管理者」の下に各部署を取り仕切る別の管理者を置けばいい。スマホの使い方もまた部所毎の業務によっても使用する機能も異なる。マスター管理者の下に属する管理者に与える権限も自由に設定できるサービスが多く、それぞれの管理者に与える権限の事を「ロール」と呼ぶ。ロールという言葉が役割を意味することは有名だろう。必要な管理権限だけを与えることで、管理作業を分散化しマスター管理者の負担を軽減する事もできる。そして権限を限定する事で、管理者の育成期間も短くする事ができる。mdmの効率的な運用には適切に機能する土台の構築こそが急務であると言える。mdm情報なら

您当前正在浏览 7月, 2017 的归档。