logo

スマホン地図

どっちが有効?

SFAの導入を考える際、営業担当者からの大きな拒否が考えられます。SFAとはそもそも何なのか・・ 日本語では営業支援、営業支援システムと呼ばれ、主に営業案件の管理をするシステムであると説明されています。この管理、という言葉に営業担当者がマイナスイメージを持ってしまうんですね。自分が進めている案件を管理されるということは、自分自身も管理されていること。しかも、入力した内容は全てグループ内で共有化、透明化されてしまうんですから。

そこで、SFAを提供する会社は「SFAはあくまで案件を管理するものなので、営業担当者の管理ではありません!」とよく言っています。が、このように説明をしておいて、実際導入したところやはり上司は案件とともに営業担当者の管理も行っている・・という矛盾が発生。結果的にSFAは放置されたというケースもあるんです。

このようなことにならないよう、営業とは管理することが当たり前なんだ、と最初から言いきる、この方がSFAの導入がうまくいく、という説もあるんですね。一体、どちらが有効だと思います?

パソコンは消えてなくなる運命なのか

企業の従業員が仕事に使うデバイスはかつてないほど増えています。従来のデスクトップパソコンやMacだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスが多くの企業で導入されていますよね。かつて従業員が会社のデータにアクセスするということは、Windowsを搭載したパソコンを使用してWindowsアプリケーションを実行することでした。しかし今は、パソコンでしかできなかった様々な処理をモバイルデバイスで実行できます。私もスマートフォンでCRMにアクセスしたり、タブレットで業務処理を行ったりすることが多くなりました。これはつまりパソコンやWindowsが、業務に不可欠な要素ではなくなったということなのでしょうか?いいえ、それは違います。従来のパソコンやWindowsの重要度が高いことに変わりはなく、不要になるわけではありません。モバイルデバイスの重要性が増しているというだけなのです。その証拠にMicrosoftは、『Office 365』アプリのiOS版とAndroid版を開発しましたよね。モバイルデバイスやアプリを導入することは「従業員に柔軟性を提供すること」なのだと思います。営業支援システムSFA

您当前正在浏览 5月, 2017 的归档。