logo

スマホン地図

SFAのデメリットについて

SFAをサービスしている会社では、そのメリットを強調しているところばかりですが、やはりデメリットも知っておく必要がありますよね。

SFAのデメリットの最大のポイントはすべてが複雑になってしまう、ということ。機能を盛り込み過ぎれば作業画面までもが複雑になり、もし何か不具合が起きればその複雑さから専門の知識がある人を連れてこないと解決できないことも。それだけSFAには複雑さが付きまとってしまうんですね。

また、常に情報を更新して新しいものにしてくこと。これが重要であるため、更新を怠ると情報の分析が全く出来なくなってしまいます。

そしてコストです。初期費用、そしてランニングコスト、専門知識を持つ人材の確保など、他のシステムと同様にコストはかかり続けるもの。もし、業績のアップができないまま継続していくのは本当に勿体無いことですよね。

デメリットを感じないよう、導入前かSFAを活用する意義や目標をきちんと立てておくことが重要なようです。

PDCAをうまく回すためにも

「一生懸命にメールやメルマガをユーザーに送っているけど、売上アップにつながっていないのはなぜ?」「セールの時は多くのユーザーが来るけど、通常の売り上げは相変わらず。。」こんなネットショップの店長さん、PCDAサイクルを考えなおしてみてはいかがでしょうか?

PDCAサイクルとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、これをうまく回すことで売り上げのアップが期待できるんです。計画と実行、PDまでは回っていても、その後のCAにおいて滞っている場合が多いんですね。なので、「どうして売れないの?」という事態のまま止まっているんです。

この状況を打破するために有効なのがSFAなんです。SFAを活用すれば、どのユーザーにどのような商品提案をしたら良いのか、効率的なアプローチをかけることが可能となります。PDの段階からすでに違うんですね。その後、もしユーザーの希望と違っているようであれば検証をしさらに改善を行い新たなアプローチや提案を行うことができます。

Sales Force Automation (SFA)とは

您当前正在浏览 4月, 2017 的归档。