logo

スマホン地図

情報漏えいが起きるパターン

たまに思い出したように起きる企業の個人情報漏えい事件。ニュースを他人事だと思って見ていないでしょうか?企業が情報漏えいを起こした場合、システムの改修をしたり、お客さまにお詫びを行ったりしなければならず、コスト面でのマイナスが発生しますよね。しかも企業イメージも大きくマイナスに傾いてしまい、時には経営自体も存亡の危機に立たされてしまうケースもあるんですよ。このように甚大な損害をもたらす情報漏えいには、主に「外部要因」「内部要因」の2パターンがあります。外部要因の情報漏えいは、主に企業のパソコンやサーバーなどにインターネット経由でウィルスが感染したり、不正アクセスされることで起きます。外部要因の方はウィルス対策ソフト等で比較的対策が取りやすいのですが、厄介なのは内部要因の情報漏えいの方。企業の社員が持つスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン、外部記憶メディアなどに保存している情報が持ち出されたり、窃盗や紛失に遭うことで発生してしまうのです。これは悪意を持っていなくても結果的にそうなってしまうケースもあるということ。情報漏えい事件の8割は、内部要因によるものとされているんですよ。特に日本は社員の行動を監視したり様々な規定を設けたりすることを良しとしない企業が多く、内部要因による情報漏えい対策が不十分なケースが多いそう。大変な事態になる前に対策しておきたいものですね。

发表在:未分類

コメントをどうぞ