logo

スマホン地図

様々なステイタスの顧客に合わせること

CRMとは、長期的に顧客と良好な関係を築けるように働きかけることができるシステム。ネットショップやリアル店舗で商品を買った顧客の住所や年齢などの基本情報、何を購入したのかなどの購買履歴、そしてもし問い合わせがあった場合の内容などを蓄積し、分析にかけ、次にどのようなアプローチをすれば効果的なのか、この部分を教えてくれるんですね。

しかも、単にアプローチするのではなくて、それぞれの顧客に最適な商品を紹介したり、役に立つ情報を提供すること。このような顧客満足度を向上させることもCRMでは可能となります。これは、顧客は同じようなステイタスの人ばかりではありません。同じ商品を買っていても職業、年収、性別、生活意識などが違っています。そのため、セグメントをしているんですね。きちんとセグメントしてから最適な商品を紹介、提供していく。

最もわかりやすいのが男女。男性に女性の商品をおすすめしても、多くの男性はスルーしてしまいます。様々なステイタスの顧客に合わせること、これがCRMを活用すれば可能となるんです。

営業支援システムSFA

发表在:未分類

コメントをどうぞ