logo

スマホン地図

リアルタイムに市場を把握

CRMにはいくつものメリットがあると言われているため、多くの経営者が導入を進めたがっています。そのメリットのひとつにリアルタイムに市場を把握することができる、ということがあるようです。

現在の世界の市場は非常に流動的ですし、その流れも早くなっています。気長にマーケティングなんてやっていると、マーケティングの結果が出てそれを営業戦略に乗せて・・なんて言っているようじゃ時すでに遅しなんですね。

常に現在の市場を把握しながらマーケティングを行い、すぐにそれを営業現場に還元する。そしてそこから得られた情報をまた次の営業に活かしていく、このような早い速度での循環が重要だと言われているんです。

また、マーケティングには顧客のニーズをしっかりと捉える、という重要性もあります。時代の流れは結局は顧客のニーズの変化ということ。顧客が今何を求めているのかも大切ですが、一歩先に何が求められるようになるのか、これをCRMを活用することで予見できるわけです。

様々なステイタスの顧客に合わせること

CRMとは、長期的に顧客と良好な関係を築けるように働きかけることができるシステム。ネットショップやリアル店舗で商品を買った顧客の住所や年齢などの基本情報、何を購入したのかなどの購買履歴、そしてもし問い合わせがあった場合の内容などを蓄積し、分析にかけ、次にどのようなアプローチをすれば効果的なのか、この部分を教えてくれるんですね。

しかも、単にアプローチするのではなくて、それぞれの顧客に最適な商品を紹介したり、役に立つ情報を提供すること。このような顧客満足度を向上させることもCRMでは可能となります。これは、顧客は同じようなステイタスの人ばかりではありません。同じ商品を買っていても職業、年収、性別、生活意識などが違っています。そのため、セグメントをしているんですね。きちんとセグメントしてから最適な商品を紹介、提供していく。

最もわかりやすいのが男女。男性に女性の商品をおすすめしても、多くの男性はスルーしてしまいます。様々なステイタスの顧客に合わせること、これがCRMを活用すれば可能となるんです。

営業支援システムSFA

選択肢の一つとして

どの会社のSFAを導入しようか決定する際には、それぞれの会社の導入事例、導入実績も是非参考にしてみてください。

これが色々と見ていると面白いんですよ。会社によってその紹介の仕方も様々。ある会社では、業種別にズラリと会社の名前が並び、その会社のSFAを導入するに至ったきっかけ、決め手、そして導入後の変化、今後の展望など事細かに掲載されています。

別の会社はとってもあっさり^^小さな枠の中に担当者のメモ程度に導入して良かった点などが載っていて、「続きはこちら・・」なんていうリンクもありません。このような紹介の仕方からも、その会社の様子が伺えるというものですよね。

中には、導入した担当者のインタビューが載せられていることもあり、どんな苦労があったのか、どのような課題がありそれをSFAでクリアできたのかと、生の声がそこにいは書かれています。共感できる担当者も多いのでは?と思いますね。導入選定時の一つの選択肢に、また他の企業の課題や改善点などを知るきっかけにもなるので、おすすめです。

您当前正在浏览 2月, 2017 的归档。