logo

スマホン地図

常に最新に

CRMのメリットのひとつが情報の共有にあります。社内で情報を一元化して、グループ内、あるいは社内全体で顧客情報を共有することで、次の営業のための一手を皆で考えることが可能となるんです。

しかし、CRM入力に対して気が進まない社員がいたり、最新の情報を入力する作業を怠っている社員がいると、正確な分析結果を得ることができなくなってしまうんですね。

では、常に最新にしておくようにするには・・これは社員への教育、目標の設置の共有が重要と言われます。上司は社員ひとりひとりに、なぜCRMへ最新のデータを入力する必要があるのか、そしてわかりやすい数字の目標を掲げること。これに尽きます。そのためには上司は社員よりもCRMに精通していなければいけません。

導入前からCRMを活用するメリットを理解させること、導入後は社員にCRMへの入力に慣れさせること。目標となる数字を常に目にできるようにしておくこと。これらがうまく回っていけば、情報を最新にすることがいかに大切なのか、社員も理解できることでしょう。

发表在:未分類

コメントをどうぞ