logo

スマホン地図

シンプルだから良いというわけでもない

SFAの導入をする際には、いろんな視点からどの会社のサービスにするのかを決めるわけですが、ネット上のアドバイスを見ていると、「まずはシンプルなものから」と書かれているのをよく見かけます。

SFAの機能って、普及の速さとともに機能の数もどんどん増えているんですって。そのため、最初はシンプルで使い勝手の良いものを進める専門家が多いんですよね。「欲張って高機能なものを選ぶと、使い勝手が悪いですよ」的なことも書かれています。

では、シンプルで機能も絞ったものの方が本当に良いのか・・。これもちょっと違うそうなんです^^単刀直入に言うと、拡張性、自由度は高いか。これが選定のポイントなんだそうです。シンプルで機能の数も少ないSFAを実際に導入してみたら、「あれ?使い対機能が足りないんですけど」なんて営業マンに言われると、ガッカリですよね。

しかし、そこに拡張性が十分に備わっているSFAであれば、すぐに新しい機能も取り入れることが可能なんです。

常に最新に

CRMのメリットのひとつが情報の共有にあります。社内で情報を一元化して、グループ内、あるいは社内全体で顧客情報を共有することで、次の営業のための一手を皆で考えることが可能となるんです。

しかし、CRM入力に対して気が進まない社員がいたり、最新の情報を入力する作業を怠っている社員がいると、正確な分析結果を得ることができなくなってしまうんですね。

では、常に最新にしておくようにするには・・これは社員への教育、目標の設置の共有が重要と言われます。上司は社員ひとりひとりに、なぜCRMへ最新のデータを入力する必要があるのか、そしてわかりやすい数字の目標を掲げること。これに尽きます。そのためには上司は社員よりもCRMに精通していなければいけません。

導入前からCRMを活用するメリットを理解させること、導入後は社員にCRMへの入力に慣れさせること。目標となる数字を常に目にできるようにしておくこと。これらがうまく回っていけば、情報を最新にすることがいかに大切なのか、社員も理解できることでしょう。

チャットでの対応が進む

コールセンターやカスタマーセンターの設置を行う企業が増加中ですが、それとともにライブチャットで一人一人の顧客に対応しようとする企業も増えていますね~。

私はコールセンターなどをあまり利用しないので、CRMなど営業支援システムの導入によってコールセンターやカスタマーセンターが増加、と言われてもピンときませんでした。しかし、ライブチャットが増加中と言うのは実際に体験しているのでよくわかります。

2年くらい前にアメリカの通販サイトをよく見てとき、パソコンの右側にちょこんとアイコンが出てくるんですよ。そして、質問があればこちらでどうぞ~的な言葉が書かれていて、その下には今いるスタッフの名前があるんです。Maryとか、PaulaとかHelenとか^^ユーザーが名前でスタッフを選べるようにもなっていました。そのアイコンがうっとおしくて^^

そしたら、最近では日本のサイトでもこのアイコンが出るようになったんですよね。もう!必要無いのに!消えて!!と私は思うんですが、これはCRMの一環でもあったんですね~。

セキュリティも考慮して

SFAを活用して外出先から日報の入力などを行っている営業マンもいると思いますが、スマホやタブレットといったスマートデバイスがあるからこそ、このように会社に居なくても外出先から業務を行うことができるもの。しかし、便利さとは裏腹にセキュリティに関しては不安が増すものですよね。

先日もテレビで夏ぐらいからスマホ、パソコンに対する新しいウィルスが出回っていて、駆除するためにとお金を支払わされたり、情報をすべて抜き取られるなどの被害が報告されているそうです。もし業務用スマホやパソコンがこのような被害に遭えば、その損害は計り知れないですよね。

対策としては、スマートデバイスは公式ストアでしかアプリを購入しない、パソコンでは知らないメールの開封、ファイルの閲覧をしないなどがあります。ただこれらのことはすでに行われているはずです。

最近では、セキュリティのゆるいショップなどを乗っ取って偽サイトに誘導する手口も出ているそうなので、SFAなど新ツール導入の際にはセキュリティ対策のしっかりとした会社を選ぶことも大事なポイントになりそうです。

您当前正在浏览 1月, 2017 的归档。