logo

スマホン地図

『ISEKI アグリサポート』農機にデータ収集&分析機能

近年、就農人口減少と高齢化により耕作放棄地が増加していますね。それではいけないということで、国は農地の集約化を推奨し、農業を変革しようという動きを見せています。結果、農業の担い手の大規模化が進行しつつあるのだとか。大規模化すると農家のニーズも変化するそうで、例えば「田植機やコンバインといった農機の大型化と高能率化」や「未熟練者でも運転できる農機」などが求められるようになります。そこで登場したのが、スマートデバイスやIoTを活用して農機の作業データを可視化するシステム『ISEKI アグリサポート』です。農機の稼働データや作業データをスマートフォンやタブレット端末で表示し、作業の効率化を図れるのだとか。また同社は、『ISEKI スマートファーマーズサポート』という農業経営管理機能を持つ大規模農家向けクラウドサービスも提供。これはISEKI アグリサポートで収集した農機データを基に、経営的な視点からの分析サービスを提供するというもの。大規模農家の農業経営を集約化し、効率的に支援してくれるサービスだと思います。

发表在:未分類

コメントをどうぞ