logo

スマホン地図

『Sansan』を導入している つなぐネットコミュニケーションズ

名刺情報や顧客とのコンタクト情報を社内で共有することで、営業力強化につなげている企業が増えてきています。株式会社つなぐネットコミュニケーションズもそんな企業の1つ。同社では、名刺をスキャンで読み込むだけでデータ化してくれるクラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しているそう。入力の手間がないことで、現場でもスピーディな定着を図ることができたのだとか。そのうえSansanは人を介して正確にデータ化できるので他社のサービスよりも魅力的なのだと思います。更に同社では営業力強化のツールとしても有効活用しているそう。「どの担当者がいつアプローチしたのか」などという顧客とのコンタクト履歴を事前に確認してから訪問するようになったおかげで、複数の営業担当者が1つの顧客にアプローチしてしまうという問題が解決しました。そういった情報は異なるチーム間でも共有することができるので、顧客対応の質も向上したそう。顧客と密接な関係を築いていきたいと考えているのであれば、顧客情報の共有は欠かせません。Sansanは密な顧客関係を築いていくのにピッタリのツールであることは間違いないと思います。

发表在:未分類

コメントをどうぞ