logo

スマホン地図

デジタルマーケティングの統合戦略提案をさらに強化

TBWA HAKUHODOとアドビ システムズ、Adobe Marketing Cloudとソリューションパートナー契約を交わしたそうです。

TBWA HAKUHODOってなに?HAKUHODOは博報堂ですよね、広告代理店。ではTBWAは何かと調べてみると、なんかすご^^アメリカにある世界最大の広告グループのオムニコムという会社に関係する企業だったようで。。2006年に博報堂と統合し、TBWA HAKUHODOという会社になったようです。非常にややこしい感じでした^^

そのTBWA HAKUHODOでは「Data Arts Lab」というマーケティイングなど広告に関する専門家が集まって新しい組織を昨年つくったとのこと。それにより、「「見込み客の獲得・育成から購入」「購入後のCRM施策」まで一貫したマーケティング支援を行ってきた。」そうです。そして、新パートナーとともにさらに戦略提案を強化していくと。

なんか難しくてよくわからない部分もあるんですが^^マーケティングという分野において今後さらに力が入っていく・・ということなんでしょうね^^

http://geocrm.com/contents/crm/contact-management/

『Sansan』を導入している つなぐネットコミュニケーションズ

名刺情報や顧客とのコンタクト情報を社内で共有することで、営業力強化につなげている企業が増えてきています。株式会社つなぐネットコミュニケーションズもそんな企業の1つ。同社では、名刺をスキャンで読み込むだけでデータ化してくれるクラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しているそう。入力の手間がないことで、現場でもスピーディな定着を図ることができたのだとか。そのうえSansanは人を介して正確にデータ化できるので他社のサービスよりも魅力的なのだと思います。更に同社では営業力強化のツールとしても有効活用しているそう。「どの担当者がいつアプローチしたのか」などという顧客とのコンタクト履歴を事前に確認してから訪問するようになったおかげで、複数の営業担当者が1つの顧客にアプローチしてしまうという問題が解決しました。そういった情報は異なるチーム間でも共有することができるので、顧客対応の質も向上したそう。顧客と密接な関係を築いていきたいと考えているのであれば、顧客情報の共有は欠かせません。Sansanは密な顧客関係を築いていくのにピッタリのツールであることは間違いないと思います。

您当前正在浏览 5月, 2016 的归档。