logo

スマホン地図

SFAを導入している飛鳥ドライビングカレッジ

少子化の影響は自動車教習所にも及んでいるそうです。そのうえ若者の車離れも手伝って、教習所間の値下げ競争が激化しています。高品質な指導力を武器にした自動車教習所を運営している飛鳥ドライビングカレッジでも、単価維持をしつつ収益を上げなければならないという課題を抱えていました。その課題の解決手段として導入されたのがSFAだったというわけ。SFAの「情報共有」と「結果の見える化」による効果は、導入前とは明らかに違っているそう。受付担当者と営業担当者との間で見込み客からの問い合わせをスピーディに情報共有することで、それぞれの担当者が役割分担しながら見込み客を成約まで導けるようになったのです。そうした結果が見えるようになると、担当者のモチベーションも違いますよね。更に同校のホームページ訪問者の行動を把握できるようになり、見込み客に合った最適なプランなどをタイムリーに提案できるようになったのです。営業はやはりタイミングが大切…ニーズに合わせたプランをスピーディに提案できる。これは課題を解決するだけでなく、数字にも現れるもの。同校では前年同期比で資料請求数と入校見込み者数がなんとおよそ6倍にもはね上がっていたのです。これは凄い!SFAは従来からの画一的な営業スタイルから脱却できるツールだといえますね。

发表在:未分類

コメントをどうぞ