logo

スマホン地図

運用においても効率的

法人向けスマートフォンを導入したことで多くのメリットが生まれるようですが、こんなことにも役だっているんだ・・という発見がありました。それは社員との付き合い方。ある企業で法人向けスマートフォンを導入後、社員のスマホの利用の仕方についても問題がいくつか出てきたとのこと。例えば社員が明らかに業務には必要の無いアプリを入れていたり、あり得ないパケット量を使用してると、法人向けスマートフォンを提供した会社から指導してもらうとのこと。これらのことって、上司や管理者がそれを発見してもなかなか当事者には言いにくいですよね^^そんな時、第三者や運営を行ってくれる会社が指導してくれることで、関係がぎくしゃくすることもなくなりますから。もちろん、運用だけではなくて営業においてもコスト減や効率的な仕事ができるようになり、また顧客からもレスポンスが早くなったという声がありメリットは多いようです。どうせ導入するなら、運用においてもここまで面倒を見てくれる会社を利用したいですね。

2019年度予測は1,640万加入に

丁度昨年の今頃の調査で、法人向けのスマートフォン、そしてタブレットの市場調査が行われ、2013年度の法人向けスマートフォンの加入数が650万だったんだそうです。しかし、この調査を行った会社の予測では、2019年度は1,640万加入に増加するだろうと。。つまり2倍以上に増えているだろうと見込んでいたそうです。これをOS別にみると、iOSは2019年度には56%、Androidが30%となり、そしてWindowsと他のOSが14%くらいになると予測されていました。iOSがかなりのシェアを占め、次第にシェアは減少すると言われていますが、それでも半数以上は維持しているんですね~。またAndroidに関してはそのまま減少中?そしてWindowsですよね。だんだんシェアを拡大すると予測されていました。そう言えば先ごろWindows Phoneの発売が話題になっていましたよね。最初の発売ではパッとしなかったものの、法人向けのスマートフォンとしての市場に活路があるとされ、良い動きになってきているようです。すごいですよね、調査会社の予測って^^

您当前正在浏览 3月, 2015 的归档。