logo

スマホン地図

法人向けの端末に力を

ドコモやソフトバンク、auなど大手キャリアのホームページで法人向けのスマートフォンを探すと、必ずiPhoneが紹介されています。私は、キャリアが法人向けのスマホとして推しているのかと思っていたのですが、アップル自体が法人向けの事業を拡大していたんですね。iPhone、iPadなどの端末iOS向け法人アプリの開発とそれに伴って端末の販売において、IBMと提携したのが今年の7月。それ以降、着々と計画は進んでいたそうです。「専門の営業要員を雇い入れたり法人向けIT製品・サービスを提供する数十社の企業と協力し合っているという」とも書かれていました。この力を入れる背景として、実はiPadの販売不振があるそうなんです。この不振部分を法人向けのスマホやタブレットで補おうとしているとか。なるほどね~^^実際にiPhone、iPad合わせたiOS端末の新規利用率は上がっていて、アップルの取り組みは一定の成果が現れているそうです。

サンワコムシスエンジニアリング株式会社のAndroidスマートフォン導入例

携帯電話の基地局をはじめとする電気工事を提案から施工まで手掛けているサンワコムシスエンジニアリング株式会社は、報告作業を簡略化するためにスマートフォンを導入しています。工事をする時は安全の為にまず報告作業をするそう。スマートフォン導入前は電話やメールを使い、言葉や画像送付で報告作業をしていたそうですが…それだと約25分もの時間がかかっており、作業にかかるまで時間を無駄にしていました。確かにそれだと人件費も無駄ですよね。サンワコムシスエンジニアリングが導入したのはSoftBankのAndroidスマートフォン。PhotoRACというソリューションを使えば簡単な操作で撮影と画像の送信が可能なのです。おかげで約25分かかっていた報告作業が約5分に短縮したそう。一ヶ月に換算したら約393時間短縮できることになるのです。これはすごい業務効率化ですよね。人件費も削減できるし、まさに一石二鳥だと思います。これからも安全第一で工事を行って欲しいです。

法人向けスマホのメリットとは

大手キャリア各社で法人向けのスマホやガラケーが販売されていますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか!?最も大きなメリット、それは、グループの間や同じキャリアのスマホを利用することで、通話料金が格段に安くなるということでしょうか。プランなどによっては無料になることもあるので、個人用スマホをビジネス用に利用するBYODよりも通話料金のみを見ると相当経費削減できますからね。実際、法人向けスマホに切り替えた企業では、大幅な経費削減が実現化したそうです。次に、盗難や紛失してしまった場合など、遠隔操作ができるのでセキュリティも安心できます。また、請求に関する管理を一元化できるため手間も人員も削減できます。さらに、キャリアごとにポイント還元があるので、このポイントを利用することで新しいスマホを購入したり、故障した際の修理費用にも使うことができるんですね~。これだけ魅力があると、BYODにするか、法人用スマホを一括購入するか、会社側も迷うところですね^^

您当前正在浏览 12月, 2014 的归档。