logo

スマホン地図

ルート営業なめたらいかん

営業の中でも難しいとされるのは新規開拓営業ばかりであり、ルート営業は楽というイメージがあります。しかし、ルート営業と新規開拓営業の違いは、その顧客の種類の違いであり、どちらも重要であり、どちらが楽とか難しいということはありません。むしろ、顧客の種類を見れば、ルート営業は長く付き合っていくお客様を相手にするので、個々の活動の重要度はルート営業の方が高いということができます。また、ルート営業は単調な活動になりがちであり、そのために小さなことに気がつかないということがあります。顧客の利益は最大限に得られているか、お客様の隠れた要望は何かなど、小さなことに気がつくことがルート営業に必要なことです。
ルート営業を名前だけで判断して、簡単なものだと思っていると意外なところで失敗をしてしまいます。新規開拓をするような気持ちで、常に気配りの活動をこころがけましょう。

发表在:未分類

コメントをどうぞ