logo

スマホン地図

オンライン家計簿サービス「Zaim」

Zaimは同社が提供するオンライン家計簿サービス「Zaim」のAndroid版アプリをリニューアルした。Zaimは、2011年7月より公開されているオンライン家計簿サービス。支出・収入を管理する基本的な機能に加え、店舗単位での支出を管理したり、自分とプロフィールが似たユーザーと「飲み会」「飲料品」などの支出項目を比較するなど、独自機能を多数持っている。サービスの利用は無料。アプリはGoogle Playから無料でダウンロードできる。今回のリニューアルでは、Android向け無料アプリ初となるレシート自動読み取り・カテゴリ推測機能を追加。また、アプリの安定・高速化とともに、Android 4系のユーザーフェイスにのっとりデザインを一新したとのことです。家計簿って、つけるのがどうしtめお面倒くさくなってしまうもの。スマートフォンでなら続けられるかも。おすすめ。。おすすめです。

日本から世界にブームを巻き起こす?!

日本の女子高生が撮ったある画像をきっかけに、アメリカにも旋風を巻き起こしている「吹っ飛び画像」。これは、日本の女子高生の間で流行している、漫画ドラゴンボールに登場する『かめはめ波』または『魔貫光殺砲』(マカンコウサッポウ)の技を使った瞬間を撮影した画像です。アメリカではゲーム「ストリートファイター」の方が馴染みがあるようで、『波動拳』(Hadouken)として紹介され、ソーシャル・メディア上で一気に広まっているみたいです。スマホの連写機能を利用して撮ったりと撮影方法はいくつかあるようですが、被写体と撮影者の息を合わせるのが重要なポイントだとか。スマホで写した一枚の画像が日本を飛び出し世界まで広がるとは楽しい世界観は共通のようです。本家である女子高生は、「負けられない!」とさらなるリアルな撮影に意欲を見せていました。ドコモ スマートフォンやau・ソフトバンク・iphoneスマホで撮影した写真は言語の壁を簡単に飛び越えるのですね。

iPhoneアプリ「Room Clip」利用者4万人の実態調査

Tunnelは、部屋のインテリア写真を投稿・閲覧できるiPhoneアプリ「Room Clip」内で「4万人のインテリア好き消費者のサービスの利用動向調査」を実施し、結果を公開したそうです。この調査は、同アプリ内でユーザーが実際に投稿した写真やタグ、反応のデータを解析する事で、アプリの利用方法やインテリアへの関心に迫ったもので、それによると、女子高生・女子大生はインテリアへの高い関心があるものの、実際に投稿しているのは主婦の方が多いという事が分かったそうです。また、調査によるとRoomClipの利用者は女性が約7割と圧倒的に多く、中でも女子高生と女子大生を合わせた女子学生が28%、続いて主婦が20%となっていたそうです。一方で、実際に投稿しているユーザーは、主婦が26%、女子学生が22%と関係が逆転しており、女子学生はインテリアに思い入れがあるものの投稿はしないようで、主婦は、実際にインテリアにこだわっており、投稿もするという特徴が見られたそうです。調査結果も興味深い結果となっていたようですが、インテリア好きな方には、スマートフォンで様々なインテリアを閲覧できるアプリ「Room Clip」がおすすめできそうですね!

地図とブックマークの組み合わせ

スマートフォンを使う上で、一つ便利な使い方をお教えしましょう。それは、スマートフォンの地図とネット閲覧とを合わせた使い方です。例えば、飲食店を探す際などに使えます。ネット閲覧をしつつ、気に入った店の情報をブックマークしておきます。これがオーソドックスな使い方ですが、ここに地図を組み合わせるのです。アプリを使って行うこともできるでしょうし、地図サービスの中に自分の気に入った店などの情報を集めて、オリジナルの地図をつくることができます。気に入った飲食店について、地図にマークを付けておくというものです。このようなものを作って用意しておけば、急に飲み食いをすることになった際、スマートフォンを使って情報にアクセスすれば、お店選びに迷うことはありません。また、いい店を見つけ次第、その場ですぐに新たな情報を加えていくこともできるので、非常に便利です。

您当前正在浏览 6月, 2013 的归档。