logo

スマホン地図

進化し続ける機能性と伴う端末の技術力

複雑な演算速度を行う次世代携帯電話は、演算処理の高速化によって消費電力が増加傾向にあり、そのためバッテリーの消耗が早いと考えられています。
スマートフォンには決済端末としても普及が期待され、ユーザーへ近い位置でのサービスと端末を利用出来る企業が今後も存在感が高まる見通しです。
国外市場での地域別では、携帯電話の販売を伸び悩んでいた欧州やアメリカなどの先進国でも、新たなスマートフォンの影響もありこれからの需要拡大も予想されております。国内の所有者は2010年末955万台でしたが、2011年待つには2598万台と3倍近くに増加し近年多くの課題点が浮上しております。
スマートフォンでは端末として利用頻度が高く、利用者の 53パーセントがテレビ番組を見ることなどに使用されています。
携帯電話ランキング
2011年は、市場普及元年を言われ各キャリアは投入する新商品の半分がスマートフォンになり進化の年となりました。
海外市場ではモバイルインターネット普及に大きな影響を与え、高いセキュリティー性とメール機能を備え各国で爆発的ヒットとなりました。

今までの市場で日本では通信業者の普及が担っておりましたが、国外ではクラウド関連やカード会社が市場をリードするとも考えられます。高速通信の競争にあたりソフトバンクモバイルでは、DC-HSDPA方式とHSPA+方式を含む通信のサービス提供をしており他携帯電話キャリア社と競争をひろげております。
世界規模で見てみても途上国である中南米や中近東、アフリカなどの地域においても急速な発展をしております。

发表在:未分類

コメントをどうぞ