logo

スマホン地図

年間進捗率では堅調に推移

経済における数字って難しいですね。減益という言葉が連なっていても、視点を変えてみれば堅調とのこと。これはドコモの話なんですが、ドコモの4~6月期の連結業績発表に関する記事で、「NTTドコモは7月25日、2015年3月期第1四半期(4~6月期)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比3.4%減の1兆753億200万円、営業利益は同15.3%減の2096億4000万円、純利益は同13.7%減の1363億8100万円となった。音声収入の減少や「月々サポート」の影響で減収減益となったが、ドコモ代表取締役社長の加藤薫氏は「年間進捗率では堅調に推移している」と話す。」とありました。?2015年ではなくて2014年ですよね^^新料金になり、減収にはなったものの、実は純増数は5倍になったんだそうです。これはすごい数ですね。他のキャリアに先駆けて新料金プランをスタートさせたのが功を奏したようです。この秋にはAppleからiPhone 6も発売されます。これまで良いニュースが出なかったドコモも今年後半からは少し違ってくるかもしれませんね^^

iOSでも油断できない?

iOS搭載のスマホはAndroid搭載スマホに比べてセキュリティ的に安全と言われていますよね。私の少ない知識では、アップルのアプリ審査が厳しい、ということぐらいですが、パソコンでもアップルを使っているとセキュリティソフトが必要ない・・という人もいるくらいです。しかし、マルウェアを作る側やフィッシングを行っている側の人間にとってみればそこが幸いと言う感じで、狙い目になりやすいですよね。ある記事には、やはりiOSユーザーはセキュリティに関して十分な危機感を持っていない、とも言われています。さらに、iOS固有の新しい脅威もでてきているそうで、今後スマホもタブレットもパソコンのようにセキュリティソフトの導入、企業などではMDMなどの導入が不可欠になっていくでしょうね。「何を使うにしろ、それにどのようなリスクがあるのかを把握し、対策しておくことの方がはるかに大事だということを忘れてはいけません。」ということもまた書かれていました。

どこまで上がる?!

一時期はものすごい人気があり、でも他の企業の台頭により影が薄くなりそのまま下降していくのだろうと思っていた企業が再浮上・・。でもでも、そんなにうまい話があるわけではなくて一~二ヵ月でまた下降してしまうのでは?!と勝手に思っていた会社・・それがミクシィでした。私の勝手な憶測は全くハズレ^^今だに株価は上昇しているんですね~。うわさではあまりに株価が上がったために1/10だか1/5だかに株価が分割される、という話も持ち上がっています。少し前はガンホーが分割分割をしていた印象ですが、今度はミクシィですか^^時価総額もマザーズでトップとなったそうで、モンストの期待はまだまだ続くようです。MDMのようなセキュリティ管理やシステム管理をしっかりと行っている場合は別ですが、今はアカウントの不正ログインが問題となっていますよね。ミクシィでもこのような問題があるようですが、それも影響することなく株価は順調のようですよ~。
参考情報 MDM比較 – MDM

フード・ポルノ・・・知っていましたか?

スマホレビューを読んでいると、初めて聞く単語が紹介されています。今日見たレビューにも、フード・ポルノという単語が・・。これ、飲食店で出された料理を写真に撮ってSNSなどに投稿することだそうです。私もあまり写真を撮る方ではなく、もし撮りたい場合には必ずお店の人に許可を取ってからにしています。でも私が行くお店は「もちろん、大丈夫です!」と宣伝してくださいね!と言わんばかりに笑顔で答えてくれます^^しかし、ミシュランなどで紹介されるお店では、この写真投稿・・写真撮影を阻止するところもあるとか。「ソーシャルに共有されると、料理を見ても、だれも驚かなくなる」「だれかに料理をマネされるかもしれない」といったものだ。」と。確かに^^ついこのような投稿写真を見たあとにそのお店に行って同じコースを頼むと、おんなじ料理が並んでなんとなくガッカリすることがあります^^そのため、近いうちに行くお店の料理は見ないようにしました^^このレビューの最後には、「「もっとも、食事の席では、このような無粋な法律論はふさわしくないですよね。できれば、店にも他のお客さんにも迷惑をかけないで、できたてのおいしい料理をいただいて、気持ちよく食事を楽しみたいものです。本来、そのためにレストランに行くのですから」」とありました。そうなんです。写真を撮ろうと思っても、その前に料理を見てしまうとすぐに食べたくなるんですよね!そして一緒にいる人と「あ!!撮るの忘れた!!」と慌てるんです^^

スマホの小型、軽量化につながる技術

東日本大震災の後に私は知ったのですが、実は東北にIT関連の部品を作る企業が多く集まっていたんですよね。しかし、震災後、ダメージを受けた会社が多くそれに関係する企業にも連鎖的なダメージが・・、と聞いていました。これをきっかけに、東北だけに部品制作の拠点を置くのではなく、日本各地に工場を作ったという会社もあったとか。それだけ震災の影響は大きかったんだな、と思い知らされました。ただ、今日見たスマホレビューでは、この東北のある会社がスマホの部品の大幅な薄型化に成功したと書かれていたんです。嬉しいニュースですよね!この薄型化の成功は、「大阪市の産業団体の仲介で、関西の業者と連携したことで実用化にこぎつけた。スマホの小型、軽量化につながる技術に加え、広域マッチングの成功例として注目を集めそうだ。」と。薄くなったということは、スマホの厚さも薄くでき、軽量化もできますよね。結構重いスマホを使っている私としては、とてもうらやましい話しです^^このような嬉しいニュースが今後も東北の方から聞こえてくると良いですね!

目にも鮮やかなパズルを楽しむ

ゲームアプリを探すときってスマホ ランキングでチェックするのが確実で便利ですが、無料ではないところもチェックしてみるとまた新しい発見がありますね。「Mimpi」というアプリは絵本の世界観が好きな人ならかなりおすすめなイラストやカラーが綺麗なゲームで、横スクロールタイプのアドベンチャーゲームです。Mimpiという主人公の犬が飼い主探しにでかけるといったストーリーなのですが、最大3人で共有し複数でできるところも変わったゲームです。アクションも少ないし、時間制限もないので子供やゲーム慣れしていない方の練習にも良いですね。パズルの要素もスクロールゲームの要素も兼ね備えていて、犬の骨(よく犬が咥えているアレ)を拾い集めれば、20本ほどの短編漫画が読めるそうです。アイテムなどの課金もあってなかなかハマるとヤバそうなゲームですよ。

温めると電池の持ちが良い??^^

スマホに着せるジャケット、というものがスマホレビューに載せられていました^^オレンジ色の、まるでジャイアンツの選手のようなナイロン製のジャケット・・というかダウンというか^^このジャケット、首から下げたり、両腕を繋げて輪っかにしてバッグの持ち手につり下げる、という使い方ができるそうで^^その中にスマホを入れておき、使う時はダウンから出すそうです。以前どこかで聞いたことがあるのですが、スマホって、周囲の温度が高い方が電池の持ちが良いとか・・。なので、寒い日などはダウンに入れておけば冷たくならずに電池の持ちもよくなるのかな~と^^ちなみに、このジャケットを販売しているお店のポップには、「もう君に、寒いおもいはさせないよ…」と書かれているそうです^^やっぱり、スマホも温かくしてあげた方がご機嫌も良くなるのかもしれませんね♪

注文住宅の新しい打ち合わせの方法

これまでは、注文住宅を建てようと思ったら、かなりの労力と手間を要するものでした。
何回もハウスメーカーの担当者と会い、図面を見て意見を交換し合い、気になるところがあればまた担当者と会い…。
一生に一度の大きな買い物ですから、後悔しないものを…と考えれば、打ち合わせの時間はできるだけ取りたいものです。
ただ、やはり忙しい毎日の中でひんぱんに打ち合わせのための時間を割くのは、大変なこと。
そんな住宅設計の打ち合わせがずいぶんと楽になりそうなスマートフォン向けアプリが登場するそうです。
このアプリ、『3Dプレイスビューア』というもので、スマートフォン上に部屋の間取りなどを3Dで表示させ、お互いに対話することができるのが特徴。
手元の画像を見ながら詳しい打ち合わせができるので、効率よく話を進めることができそうです。
これからは住宅を建てる場合にもスマートフォンが手放せなくなりそうですね。

ARを使った雨情報アプリ

iOSアプリ「Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ-」の提供が日本気象協会から開始されました。このアプリは国土交通省XバンドMPレーダネットワーク(XRAIN)の雨量データを活用したもの。特徴はAR機能を使用していることで、カメラ画像に雨量情報を重ねて表示することができます。スマートフォンのカメラを下に向けると現在地を中心に半径5km以内の雨量情報を、上に向けると250m感覚の詳細な雨量情報が表示されます。頭上でどのくらいの雨が降っているか、もしくは雨が降っている場所との距離をARを使ってわかりやすく教えてくれるようです。いまどのあたりで雨が降っているのかを直感的にわかるのが良いですね。おすすめです。App Storeより無料でダウンロードできる。同アプリの対応OSは、iOS 5.1.1以降。

スマホの地図の基本

スマートフォンの基本機能の一つに地図があります。地図はインターネットを利用する上では欠かせない機能になっていますが、スマートフォンでは更にその重要度が高くなります。スマートフォンはモバイル機器ですので、地図アプリをGPSなどと連動することで、いろいろな情報を得ることができるのです。代表的なのは、例えば写真を撮影すれば、位置情報が自動で記録されることがあります。また、クーポンサイトなどを利用する場合には、現在地の近くにある店舗のクーポンなどを確認することができます。他にも、スポーツをしながら音楽を聞く際、スマートフォンを利用する方も多いでしょう。この際、運動用のアプリを使うことができます。地図上で自分の位置を確認し、走った道程を確認したり記録することができます。この機能は、例えば旅行をしている時にも応用できそうです。スマートフォンの地図は利用価値が高いです。