logo

スマホン地図

mdm比較の重要

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するためのツールとなります。日本国内には数多くのmdmツールが存在しており、国内製以外にも海外製のmdmツールもあるため、企業や組織はたくさんあるmdmツールの中から各企業にとって最適なmdmツールを選択する必要があります。そのためにはそれぞれの製品の特長や性質をよく踏まえた上で、mdmツールの比較検討が必要になります。本当に必要な機能は何なのか?mdmに求めるものは何なのか?を明確にすることで、最も良いmdmツールを導入できるでしょう。企業に合ったmdmツールを導入することができれば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が業務効率アップにつながりますし、従業員の働き方改革にもつながります。またモチベーションアップなど働きやすさにつながることもあるでしょう。

こんなことは無いと思いたい・・

満を持して導入したSFA。これがあれば、営業後に会社に戻って日報を書く必要が無くなります。営業中に必要な資料を会社に忘れてしまっても、SFAを使っていればクラウドからダウンロードして顧客にiPadなどを使って見てもらうことも可能です。

請求書や見積書などを上司に確認してもらってから顧客に渡す時も、日にちを跨がずにSFAを使ってリアルタイムでやり取りができ、営業中に書類を渡すことが可能となります。さらに、営業後に迷いが出てすぐに誰かに相談したくなったり、進捗状況をリアルタイムで上司に報告したい時も、SFAがあればすぐにアップし、返事を待つことができます。

とにかく、SFAがあれば何でもできます!というくらい^^これまでに不可能だったことが可能になってしまうんですね。ところが、あろうことか、導入したSFAがモバイルデバイスに対応していなかった、オプション料金を支払っていなかったなどの理由で、スマホもタブレットも使えないということが起きてしまうんだそうです。ここ、最も重要ポイントですから、必ず先にチェックしておいてくださいね^^

市場が広がるmdm初期設定時のセキュリティ

企業でスマートフォンやタブレットなどを従業員に支給された場合、従業員は支給されたモバイルデバイス端末を用いて業務を行っていきます。
これらの企業が取り扱うモバイルデバイス端末はmdmと呼ばれるモバイルデバイス端末を管理するソリューションによって一元管理されており、セキュリティ対策や資産管理、アプリケーション管理などを目的に多くの企業で導入されています。
mdmはモバイルデバイス端末を導入したタイミングで同時に導入するケースが多く、今後さらにmdmの市場は拡大していくことが考えられます。
mdmを導入する際には、mdmソリューションの初期設定時のセキュリティ対策が必要です。mdm利用のセキュリティ機能が端末に依存している場合もあるので、機種ごとのセキュリティポリシーのコントロール可能な範囲を特定して、サンプルとなるモバイルデバイス端末機種でのセキュリティポリシーパラメーターを検討しておく必要があります。

そこにチャンスが転がっていたのに・・

後になって、「あの時そこにチャンスが転がっていたのに気づけなかった自分がうらめしい・・」そんなこと、思ったことはないですか?

ほんと、こういうことって、ちょっとしたことで気が付いてしまい、でもその時には既に遅いと。こういった経験を重ねて、営業マンたちは成長していくのかもしれませんがね。

しかし、今は案件の獲得、そして見込み客にアプローチできる機会も極端に減ってきています。その少ないチャンスをものにするためには、やはり「あの時こうしていればよかった」というようなことをしてはいけないんです。

SFAを活用し、今がチャンス!と明確にわかるように、最高のタイミングを分析から探し出すこと。これを実行したいですね。もちろん、チャンスをものにできなければ結果も出ない。ですから、営業は個人ではなく今はチームとして一緒に戦う姿勢を持つことも大事ですね。SFAを使ってSNSで常に情報交換をしていくことで、それまで知らなかった他の営業マンの持つ情報、案件の履歴などを参考に、これまでできなかった営業があk農になったりもします。

bring your own deviceを認める範囲

bring your own deviceはbyodと略されることもあり、従業員が保有してる私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用することを言います。
bring your own deviceは安易にその範囲を広げてしまうと、何らかしらのトラブルが発生する可能性があります。そのため企業としては安易にbring your own device可能な業務の範囲を広げるのではなく、どこまでをbring your own deviceとして認めるかをしっかりと判断する必要があるのです。
モバイルワーク環境において、常にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の紛失や盗難のリスクは付きまとってきます。
在宅ワーク=テレワークの環境下においては、、インストールしていたファイル共有ソフトや悪意あるソフトウェアによって、機密データが大規模に漏えいしてしまう…などの事件が起こる可能性が高くなります。

来年1月から提供スタート

都築電気が、ビジネスチャットのTCloud for BizChatにチャットボット機能を追加するそうです。実際のサービスの提供は来年の1月。

6種類のアプリと連携し、チャットの画面の中でこの6つの連携しているボットから情報を取り出したり、内容を送信したりできるようになるそうです。

その中にはSansan連携ボットと言って、名刺の管理ツールとの連携があり、「価格は初期費用が5万円、月額費用が1万円。」で、名刺情報を見たり検索することが可能となると。それぞれのボットでも同じような費用がかかるようで、その費用が高いのか安いのか・・、その辺はよくわかりません^^

しかし、名刺管理ツールと連携できることは情報の量も格段に上がるわけですから、営業マンとしてはぜひ使ってみたいツールになりそうですね。

スマートフォンでのmdm導入事例

iPhoneやiPadなどのiOS端末は世界的に普及しているモバイルデバイス端末になります。iOS端末は世界共通のOSなので、アプリケーション開発者がグローバル規模で拡大を進めています。
開発されたアプリケーションはAppleStoreなどのマーケットと呼ばれる掲載サイトに集積されて、ユーザーはそこにアクセスすることでアプリケーションのダウンロード、インストールをすることができます。
アプリケーションをダウンロードすることで簡単にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のカスタマイズが可能になるのです。利便性の高いスマートフォンなどのモバイルデバイス端末ですが、その分セキュリティリスクも高くなります。特に携帯性に優れているため、紛失や盗難のリスクがパソコンなどに比べて非常に高いです。そのリスクを回避するためにmdmを導入します。セキュリティ対策目的でmdm導入事例は急増しています。

機能が充実しているmdm

mdmはスマートフォンやタブレットなどの効率よく管理するためのツールになります。企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を一括で導入する場合、それらのモバイルデバイス端末の設定や管理は管理者だけでは非常に大変で大きな負担となります。そこでmdmツールを導入することで、効率よくそして安全に、モバイルデバイス端末を一元管理できるようになるのです。
mdmの機能としては位置情報の取得やメッセージ送信などがあります。メッセージ送信はコントロール画面よりスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末に対してメッセージを送信します。
サービス配下の複数のモバイルデバイス端末に一斉送信することも可能となっています。位置情報取得機能は、通信端末の位置情報を取得できる機能になっているので、スマートフォンやタブレットが紛失したり、盗難されたりした時に、通信端末の居場所を特定することができるのでこちらの機能も便利な機能と言えるでしょう。

情報共有によって

今の営業と昭和の時代の営業では、大きく様変わりしていることがたくさんあると言われています。とくに、個人からチームへ、とこの辺が一番の変化ではないでしょうか。

属人的営業が主流だった昭和の時代。営業の中で得られた情報はほとんど営業マン個人が有していました。足で稼ぎ、作り上げた人脈で営業を進めていく。他の誰にも教えない、大事な情報ですからね。

でも今は個人ではなくチーム。業務上で得た情報は営業マンのものではなくて会社全体のもの、という考え方に変わってきているんです。そうなってくると、情報は共有しなければいけません。ここで、多くの営業マンは嫌がったと思われますね^^ただ、かなりこの考えに変わってから年数も経ちましたから、SFAなどの導入もあり、属人的営業をする人も減ってきていると思われます。そしてこのSFAにより、優秀な営業マンのノウハウ、経験だけではなくて、営業に対する姿勢や営業方法も共有されることで、チーム全体の営業テクニックを向上させることが可能となってきたんですね。

ksj.co.jp/knowledgesuite.jp/service/groupware/groupware-detail02.html

ワークスタイルの変革によるmdm市場の変化

スマートフォンやタブレットを管理するためのソリューションであるmdm=モバイルデバイス端末管理ツールは、大量のモバイルデバイス端末を円滑に管理するためには欠かせません。
モバイルデバイス端末を導入する企業が増えたことによって、mdmを導入する企業も比例して増加し、mdm市場は拡大を続けています。元々モバイルデバイス端末の管理だけを行うために開発されたmdmですが、デバイスの管理だけでは不十分であるとなり、現在ではアプリケーションの管理や、資産管理などが同時にできるmdmが人気を集めています。
アプリケーションやコンテンツデータを含んだモバイルデバイス端末のセキュリティが求められているのです。海外のmdmベンダーではEMMが注目を集めています。EMMとはモバイルデバイス端末自体の管理であるmdm機能だけではなく、インストールしたアプリの機能を制限したり、管理したりするMAM機能、ファイル共有を徹底管理できるコンテンツ管理機能であるMCM機能を兼ね備えた管理ツールになります。