logo

スマホン地図

PDCAサイクルが回せるか

CRMを導入するということは、PDCAサイクルをうまく回したいからですよね。PDCAサイクルは営業の世界では非常に重要なことと言われていますが、結局私たちの普段の生活、仕事においても同じことですよね。

ただ、営業マンのように毎日忙しく歩き回っている人にとっては実行はできていてもその前の計画、そして評価は受けても改善をするのに時間や調査する手間がかかってしまうんですね。そこでCRMを使ってPDCAサイクルをうまく回していく、これが最近注目されているんです。

会社で営業マンそれぞれの営業プロセスや顧客情報などを一括管理することができるので、管理者もリアルタイムでそれらを確認ができます。営業マンがしっかりと取引先と商談を進められているのか、問題点はないか、何かフォローが足りない部分はないかなど、商談の不成立を防ぐための先手を打つことが可能になるわけです。それに、もし不成立になったとしてもそこからPDCAを回すことで次回の商談では成功への確度を高めることができるんですね。

参照URL

管理がしやすいmdmは人気

Mdm管理は企業でのスマートデバイス導入にあたって欠かせないツールになっています。しかしmdmでの管理のやり方が難しい場合、管理担当者にとっては頭の痛い話になってしまうでしょう。何より重要になるのが、管理のしやすさです。業務効率を高めるためにスマートデバイス端末の管理に対する負担はできるだけ少なくしたいと考える企業が多いのです。
管理画面が分かりづらい、導入したけれど使いにくい・・・このように感じるmdm製品はよくありません。スマートデバイス端末の専用の知識がない人やIT機器にめっぽう弱い方でもどんな人でもオールマイティーに管理でいるコンソール画面が必要になります。Mdm製品の中には使いやすさを追求し、mdmを設計している製品もあります。
Mdm管理画面の操作が単純なものがおすすめです。目的を選ぶ、対象を選ぶ、アクションを選ぶなどの分かりやすい3ステップの操作などのmdmは初めて管理を担当する人でも間違えずに管理ができるでしょう。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

企業の利用用途にあったmdmツールを選ぶことが大切

mdm管理ツールは、スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスありきの製品であり、モバイルデバイスの進化に追随せずに、機能が実装されていないと最新のモバイルデバイスの効率性を最大限に享受することはできません。そうするとせっかくモバイルデバイスを導入しているので効率アップにはつながりませんし、他の企業から取り残されてしまう…ということもあるでしょう。さらにモバイルデバイスは革新的なスピードで進化を続けています。その中でコストをかけて、mdmツールを導入したのに、途中でサービスが停止や、アップロードをしなくなってしまったら、今まで管理してきたことがすべて無駄になってしまい、一からmdm製品の選定を始めなければなりません。Mdm製品を選ぶ時には、きちんとmdm製品のアップデートが行われ製品なのかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。
またそれぞれの企業の規模や利用用途、導入デバイスに遭ったmdm選定も大切になってきます。
トライアル可能なMDM modemを試してみてはいかがでしょうか使いやすいのを自分で選ぶのも大事です。

BYODとは?!

日本の企業や組織では、自分のモバイルデバイスを導入するBYODは積極的に推進されていないという現状があります。ではなぜ日本の企業においてはBYODが積極的に推進されていないのでしょうか?それは企業が十分に安心できるセキュリティシステムが確立されていない場合が多いからなのです。セキュリティに対する規定やソリューションなどが確定されていない場合、自分のモバイルデバイスをビジネスにおいて活用するのは非常に危険です。しかしBYODを導入していない企業や組織においても、今後きちんとBYODの規定を行っていかなければセキュリティリスクが高まってしまう危険性があるのです。
BYODとは個人所有のスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを業務に持ち込んで仕事を行うことを言います。ビジネスの効率がアップするというメリットがある反面、情報漏えいの危険性などのデメリット、リスクもあることをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。BYODする場合にはmdm管理することが必要になってきます。

アプリーケーションの設定が簡単になるmdm

学校や塾など教育機関でタブレットなどのモバイルデバイスを導入する場合、mdmの利用は欠かせません。教育機関に向けたmdmサービスの特徴としては、アプリケーションの一括インストールが可能という点がありますが、その他にも特徴はあります。例えばアプリケーションのインストールを一括でできる時に、遠隔でグループ単位に行うこともできます。つまりクラスや学年に合わせたアプリケーションのインストールを設定することができるのです。またクラス替えがあった時には、前年度に使用していた不要になったアプリケーションの削除もmdmで行うことができるのです。またapple社が企業や教育機関に向けて提供したプログラムに対応したiOS向けのアプリケーションの管理や配布機能もmdmにはついています。
Mdmを活用することで教育現場の環境に合わせた機能が整うのです。アプリケーションのインストールは教育機関でタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するのには欠かせませんので、アプリケーションのインストール設定が簡単になるのは教員にとっても負担が軽減されるのでmdmを利用する価値がありますね。
mdmのアプリ配信もできます。

転ばぬ先の杖

スマホを始めとする各種携帯端末の利便性については今更説明の必要もないと思うが、利便性ばかりを追い求め、セキュリティー対策が「ガラパゴス」のままでは話にならない。制限を担保とした「事なかれ主義」ではモバイルデバイスにおけるセキュリティーは確保できない。ある意味では会社の情報資産を個人に委ねるという状況が色濃く出てしまうのが携行性と利便性の持つ虚弱性の一つであると言える。そういう意味では個人が企業に合わせると言う形より、企業が個人に合わせるという流れも顕著に現れるようになってきた。MDMにおける一元管理が最低限の基盤であると同時に、個人端末の業務活用も視野に入れると、管理はより複雑かつ、プライバシーの考慮も必要となる。MDMサービスも数多く存在し、様々なサービスが展開されており、次のステップとして様々な概念、サービスとの連携も必要になってきている。使用用途や仕事の主体が何であるかをキチンと認識した上で「最適解」を探す必要もあるが、まだまだ成長を止めない分野だけに、悠長に構えている時間も余りないと言えるだろう。変化する時代にMDMは必須です。

仮想デスクトップ

MDMサービスにおいて真っ先に挙げられる「紛失、盗難」への備え。モバイル端末の紛失や盗難が怖い理由は「中身」が重要な機密や個人情報であるケースだ。それは端末に限らず「カバン」の中の書類でも同じだけの脅威があると言える。しかしカバンの中が「カラ」ならどうか?個人使用のPCであればそこまで堅牢なセキュリティーは必要ない。単純に失う物が無いからだ。同じように携帯端末の中身がカラなら紛失リスクは大きく軽減できる。もちろん本当にカラだと仕事にはならない。そこで端末にはデータを置かず、仮想デスクトップへのアクセスによって情報を得るというスタイルだ。少なくとも「紛失」に気付いていれば、その端末のアクセス権限を凍結する事で機密は守られる。もちろん仮想デスクトップのアクセスに関しては相応のポリシーにそったパスワードの設定や、場合によっては「顔認識」などの生体認証を用いるなど、紛失に気付くまでの「危険な時間」をやり過ごす為の努力と紛失を隠蔽されないだけの社員教育の重要性は従来のリモートワイプやリモートロックの運用と変わりない部分だ。mdmサービスに関してはこちら

モバイルデバイス管理にかかるコストが問題となる?!

企業や学校などの教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを導入するにあたって課題になるのが「モバイルデバイス管理にかかる費用」です。企業の場合、社員の私物であるスマートフォンやタブレットの業務利用も含めて、社内に様々なモバイルデバイス端末がある場合、業務で使用するために必要な設定をするための手順が、それぞれの機種によって異なり、非常に大変になることがあります。そこでmdmサービスをりようすることで、業務に必要な設定を、どのモバイルデバイス端末においても同じ手順でまとめて作業できるようにしているのです。この設定を初期導入と言い、業務に必要なソフトウェアのインストールや、リモート実施が可能なソリューションなども提供されています。
モバイルデバイス管理の費用を抑えるためにはmdmサービスを利用するのが何よりもよいのです。Mdmソリューションを導入すれば、企業で私物のスマホやタブレットなどのデバイスを持ち込んだ場合でも管理がしやすくなるのです。
mdmの教育現場での利用が増えてく

mdm利用で必要なものはある?!

mdmを利用したいと考えた時、何が必要かわからないという人は多いでしょう。特にmdmを利用したことがないユーザーにとってはmdmサービスをしっかりと理解している人は少ないです。mdmを利用する場合、モバイルデバイスのプラットフォームの種類によってはプッシュ型通知を利用する必要がでてくる可能性があります。その場合はAPNSやGCMなどへの登録が必要になってくるので注意が必要です。多くのmdmサービスを提供するサイトに登録方法などは詳しく説明されているでしょう。
またmdmに登録されると、mdmのプロファイルがモバイルデバイスにインストールされることになります。もモバイルデバイスがmdmの管理下に入った時には、モバイルデバイスを利用するユーザーにきちんと通知されるので管理されたくないといった時には拒否することもできます。
しかし一度mdmに登録されて管理された状態になると、管理者が何か設定変更をしたとしても特に通知されることはありません。
mdm情報

mdmの階層管理

mdmを効率よく運用するには優れた管理者の存在が欠かせない。その一方でmdm管轄下の端末数が多くなればなるほど管理者の負担は増加する。もちろん数が少なければ1人の管理者でも対応できるだろうが、100、200となると効率的に管理運用するのは難しくなる。当然ながら打開策は管理者を増やす事だが、同じレベルの管理者を複数置く必要はない。すべての権限を持つ「マスター管理者」の下に各部署を取り仕切る別の管理者を置けばいい。スマホの使い方もまた部所毎の業務によっても使用する機能も異なる。マスター管理者の下に属する管理者に与える権限も自由に設定できるサービスが多く、それぞれの管理者に与える権限の事を「ロール」と呼ぶ。ロールという言葉が役割を意味することは有名だろう。必要な管理権限だけを与えることで、管理作業を分散化しマスター管理者の負担を軽減する事もできる。そして権限を限定する事で、管理者の育成期間も短くする事ができる。mdmの効率的な運用には適切に機能する土台の構築こそが急務であると言える。mdm情報なら