logo

スマホン地図

mdmの比較選定ポイントを把握しよう

mdmは導入すれば必ずセキュリティ対策が100%完璧になるとは限りません。導入するmdmの製品や、設定によってどれくらいセキュリティ対策ができるかは変わってきます。
mdmが市場で拡大するようになって10年以上経過します。現在ではmdm施関連のレポート閲覧も多くなっています。mdmプロジェクトの成功例やソリューションもたくさん紹介されているのでmdmに興味のある、関心のある企業、組織も増えてきています。インターネットからも様々なmdmの情報を知ることができます。
mdmは製品によってその特長や機能が異なります。また利用するための設定方法や、利用料なども違うことから、mdmを導入する際には比較が必要不可欠になります。
最適なモバイルデバイス管理=mdm製品を導入するには、どのような観点で選定するのがよいのかを知っておくことが大切です。
主要ベンダーを複数比較して、選定ポイントを把握してみるとよいでしょう。

tdk-music.com

健康食品を販売する会社の例なのですが、テレビコマーシャルの成功もあり、会社を立ち上げ、攻めの姿勢で営業活動をしていた当初は新規顧客の獲得も容易にできたそうです。

しかし1年が経過し、コマーシャルなどの広告費を見直す時期を迎え、経費縮小を行ったところ、会社の経営自体が傾きかけるほど、収入は減っていったとのこと。社内では、もう一度テレビコマーシャルに賭けてみては?という声も出たそうですが、一部の社員から、今いる顧客に目を向け、満足度の向上をした方が良いという意見もあったとのこと。

と言うのも、商品を初めて買った顧客の満足度が低いことが判明。社員は商品の売れ行きが良かったために、顧客への対応がなおざりとなっていたんだそうです。そこでCRMを導入し、それぞれの既存顧客への対応を見直し、的確に情報提供などを行ったところ、既存客はとどまり、そこから口コミが広まって新規顧客も増えていったそうです。

こんなにうまくいく例は非常に少ないとは思いますが、客が客を呼ぶということは、実際に起こっているようです。

sfa

mdmソリューションによるモバイルデバイス端末管理

会社でノートパソコンや、スマートフォン、タブレットを支給されるサラリーマンは多いです。会社ではノートパソコンを使用して、外出先ではスマートフォンやタブレットを使用するなど、時と場所に合わせて様々なモバイルデバイス端末を活用できます。
それらのモバイルデバイス端末は企業として一括して管理、設定する必要があり、その時に必要になってくるのがmdmソリューションです。
mdmとはmobole device managementのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理には欠かせません。
ビジネスで端末を利用する場合、ルールを明確にして、運用する必要があります。mdmで一括して管理をすることで、セキュリティリスクを最小限に抑えながら、ビジネスに集中することができます。
またmdmではモバイルデバイス端末自体の情報収集、情報把握もできます。
そのためアプリは何を使っているのか?などの情報も知ることができます。

MAとの連携も

SFAは見込み顧客を既存顧客へとステップアップさせるために使われるツールですが、さらにマーケティングツールと連携させることで、確度の高い分析結果を得て、営業を効率的に進めることができるんでしょうね。

ただ、SFAは扱いが難しいツールだとも言われています。案件、営業の管理はほとんどエクセルでやっている会社が多く、それに慣れている営業マンばかりです。それなのに、わざわざ難しいツールを導入し、営業マンの負担を増やしてしまうのはどうか、という声も多いんですね。

しかし、SFA、そしてMAなど最新のツールを使いこなすことで、営業は効率化され、的を絞った営業が可能になります。無駄な営業、作業をすることなく仕事ができるわけですから、後々のことを考えれば、新ツールの導入、運用に慣れていき、他ツールとの連携までできるようになっておけば、今後は社内でも社外でも^^重宝される存在になると思いますよ!

byod導入時に課題となる項目は?!

ここ数年でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用が急速に普及してきています。
急速に普及するモバイルデバイス端末の法人利用における管理の必要性がささやかれている中、mdmツールを用いた一括管理はモバイルデバイス端末を円滑に利用するためには必要不可欠です。
モバイルデバイス端末の活用は、企業側が従業員に会社支給のモバイルデバイス端末を渡すケースが一般的ですが、最近では従業員の私物のモバイルデバイス端末をそのまま業務でも利用すbyodの事例も増えてきています。
私物のモバイルデバイス端末を利用するbyodではいくつかの課題があります。
まず私用で使うスマホと業務で使うスマホが全く同じになるので、使用制限などを行いにくいです。そのためセキュリティ対策などがゆるくなってしまう恐れがあります。
そこでbyodを導入する場合には、決定した利用用途の中で保護する情報の範囲を決定しなければなりません。

tdk-music.com

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は電話機能を持ったパソコンと言われています。従来の携帯電話とはことなり、モビリティ性能が非常に高くパソコンと同じようにインターネットにつなぎたくさんの情報を共有、保存することができます。
またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末にはiOSやandroid、Windowsなどマルチキャリア、マルチベンダーによって多種多様な製品が市場にたくさん普及している現状があります。
これらのモバイルデバイス端末はプライベートで使用されるだけではなく会社の業務や教育現場の授業などでも活用されるようになっています。
スマホやタブレットなどモバイルデバイス端末の普及に伴い、セキュリティ管理が煩雑となって運用の仕方が難しくなっています。そこでmdmと呼ばれるモバイルデバイス端末を管理するソリューションツールを用いてモバイルデバイス端末を管理していきます。

組織力も上げてくれます

SFAの導入は、営業マンの営業プロセスを透明化することで、営業に関するすべての情報を整理して一元管理が可能となります。管理者から一人一人の営業マン、マーケティング部門の人まで同じデータを共有できるので、さまざまな業務の向上も期待できるんです。

営業マンは、スマホやタブレットでもSFAの利用ができますから、外出先から営業日報を入力でき、時間の節約にもつながるんですね。

また、SFAは組織の力も上げることができます。成果がなかなか上がらない営業マンが、ベテランの営業マンやトップセールスを誇る営業マンの日報を見ることも出来るため、自分の営業手法と何が違うのか、自分に懸けているものは何なのかが客観的に解るようになるんです。もちろん、それだけ勉強したい!という意思がなければ、こういったことはできませんけどね^^

しかし、実際にSFAの情報共有によって営業部全体の底上げというものができている、と多くの企業から報告は上がってきています。やはり情報の共有は営業経験、ノウハウの共有だと言えるのかもしれません。

マーケティングソリューションツール

mdmソリューションの初期導入

mdmソリューションはスマートフォンやタブレットを一括管理したり、アプリケーションを配布したりする管理ツールのソリューションになります。mdmの初期設定時のセキュリティとして、mdm利用のセキュリティ機能が端末依存している場合、機種ごとのセキュリティポリシーのコントロール可能な範囲を特定して、サンプルとなる機種でのセキュリティポリシーパラメーターをあらかじめ検討して必要があります。
ほとんどのmdmソリューションではセキュリティポリシーの一括設定の機能があります。
多数の機種での大量mdmコントロールを行う必要があるので、セキュリティポリシーパラメータのテンプレート登録機能を利用して一括設定を行っていきます。
テンプレートは組織階層やグループ化することも可能で、管理効率アップには欠かせないツールと言えるでしょう。
端末ごとの権限による設定許可の場合には、テンプレートによる標準設定、個体ごとの例外設定のパラメータを整理する必要があります。

セミオーダーという手もあります

CRMにはカスタマイズが必須と言われていますよね。導入前にセミオーダーという手もあるようです。

パッケージで販売されているCRMを導入した会社が、次々と解約をしてしまう理由として、使いにくさ、あるいは使いこなせない機能が多すぎ、という声が多く挙げられていました。そのため、数年前まではCRMは難しすぎる、日本人には合わないとされていたんですね。しかし、CRMを提供しているベンダーが顧客満足度を下げてしまってはそもそもCRMの質に関わるわけですから^^多くの改善を行ったわけです。

この改善により、日本人が扱いやすい、そして結果を得やすいCRMが増えていっているんですね。そのひとつがセミオーダーということになります。

業種や取引する顧客によって、使いたい機能はバラバラ。なので、自社に最適な機能をベンダーと一緒に選び、テストし、実際に利用できそうな簡単な機能から活用していくことが、最近の導入方法のようです。

イチかバチかの賭け事ではない

営業を、イチかバチかの賭け事のように行っていては、今の営業は成立しません。何を言っているのかと言うと、昭和の時代の営業マンの勘に頼る営業では無理ということです。

顧客の情報はエクセルにすべて入っていても、そこから戦術を見出すのは難しく、また戦術を考えるのは営業マンそれぞれということになります。でも、SFAを活用すれば、顧客情報も戦術もこのSFAから見出すことができます。営業マンの勘だけでなく、SFAに蓄積された幅広い情報を元に、分析が行われ、営業マンがどのような行動を起こし、どういった内容でアプローチをするのか。そのタイミングなどもSFAから読み取ることができます。すると、いつも同じ営業マンだけが売り上げに貢献するのではなく、平均的にすべての営業マンが売り上げ貢献できるようになるんです。

ベテランの営業マンの勘に頼っていた会社が、その営業マンのノウハウや営業方法などをSFAに入力していくことで、他の営業マンがそこから勉強し、自分のものにしていく、ということも可能です。