logo

スマホン地図

スマートデバイスでのメリットとは

顧客情報などを管理したり分析できるCRMですが、これをスマホやタブレットでも作業できるメリットがあります。

それは場所の制限が無いということ。そして時間の制限も。例えば、営業先でのプレゼン。スマホあるいはタブレット端末を商談の際に利用することで、顧客には非常にわかりやすいプレゼンができるようになります。目の前で動画を見せることもできますし、客の前で発注したり在庫があるかどうかも確認ができますよね。また、新たな問題点や追加点が出てきたとき、上司とのやり取りもスムーズに行うことができます。

また、会社に戻らなくてもいつでも作業できるメリットもありますよね。これによって業務の改善もできるわけです。1つ1つの営業、顧客管理を会社に戻って行う必要がありませんし、社外にいても上司からアドバイスや指示を受けることが可能となります。以前、ノマドワーカーという言葉が流行りましたが^^そのような言葉が必要なくなるほど、今はこのような効率的な働き方が当たり前になってきているんですね。

スケジュール管理

スマートデバイスでのメリットとは

顧客情報などを管理したり分析できるCRMですが、これをスマホやタブレットでも作業できるメリットがあります。

それは場所の制限が無いということ。そして時間の制限も。例えば、営業先でのプレゼン。スマホあるいはタブレット端末を商談の際に利用することで、顧客には非常にわかりやすいプレゼンができるようになります。目の前で動画を見せることもできますし、客の前で発注したり在庫があるかどうかも確認ができますよね。また、新たな問題点や追加点が出てきたとき、上司とのやり取りもスムーズに行うことができます。

また、会社に戻らなくてもいつでも作業できるメリットもありますよね。これによって業務の改善もできるわけです。1つ1つの営業、顧客管理を会社に戻って行う必要がありませんし、社外にいても上司からアドバイスや指示を受けることが可能となります。以前、ノマドワーカーという言葉が流行りましたが^^そのような言葉が必要なくなるほど、今はこのような効率的な働き方が当たり前になってきているんですね。

スケジュール管理

顧客情報の共有

CRMを選ぶ際に必ず必要なことがあるそうです。それは得意先など顧客情報の共有が容易にできること。企業は規模が大きくなればなるほど組織ごとに縦割りされ、情報の共有がうまくいかない場合が多くなります。しかし、営業力を上げるためにはやはり顧客や得意先、そして人脈などの情報をどれだけ共有し、役立てられるかが重要なんですね。

多くの会社からサービスが提供されているCRMですが、モノによっては使いにくさがあったり不要な機能ばかりが目立ち、結局のところ使わず仕舞いということもあるんだそうです。そのため、社内に持ち込まれた情報、データを簡単に入力でき、様々な角度で管理できるシステムが喜ばれているとのこと。

それはCRMだけに限った話しではないですよね。私も何か新しいことをしたい時に新しいシステムをインストールし、利用方法を調べるんですが、これがスムーズにいくものいかないもの、ハッキリ2つに分かれるんですよね^^

顧客情報は企業にとっては宝の山だとは思いますが、私たち客にとっては知られたくない個人情報なわけで、その辺はしっかりと管理していってほしいですね。

sfa 比較

顧客情報の共有

CRMを選ぶ際に必ず必要なことがあるそうです。それは得意先など顧客情報の共有が容易にできること。企業は規模が大きくなればなるほど組織ごとに縦割りされ、情報の共有がうまくいかない場合が多くなります。しかし、営業力を上げるためにはやはり顧客や得意先、そして人脈などの情報をどれだけ共有し、役立てられるかが重要なんですね。

多くの会社からサービスが提供されているCRMですが、モノによっては使いにくさがあったり不要な機能ばかりが目立ち、結局のところ使わず仕舞いということもあるんだそうです。そのため、社内に持ち込まれた情報、データを簡単に入力でき、様々な角度で管理できるシステムが喜ばれているとのこと。

それはCRMだけに限った話しではないですよね。私も何か新しいことをしたい時に新しいシステムをインストールし、利用方法を調べるんですが、これがスムーズにいくものいかないもの、ハッキリ2つに分かれるんですよね^^

顧客情報は企業にとっては宝の山だとは思いますが、私たち客にとっては知られたくない個人情報なわけで、その辺はしっかりと管理していってほしいですね。

sfa 比較

スマートフォンを内線電話にしてタイムリーなコミュニケーションを実現しているカゴメ

同僚や顧客とタイムリーなコミュニケーションを強化するために、スマートフォンをオフィスの内線電話として利用する企業が増えているそう。「自然を、おいしく、楽しく。KAGOME」を謳っているカゴメ株式会社も、全国どこでもスマートフォンをオフィスの内線電話にできるドコモの法人向けサービス『オフィスリンク』を2010年に導入し、社員間のコミュニケーションを進化させています。全国各地を飛び回る営業スタッフでも場所を選ばず内線電話を利用できるから、社内やお客さまとタイムリーにコミュニケーションが取れるようになったそう。またセキュリティを維持したまま添付ファイルの確認&各種承認フローなどの業務ができるサービス『CACHATTO』を併せて利用することで業務スピードがアップ。外出先から内線でつながりながら、添付ファイルの確認や社内の事務処理を行えるようになったのです。これなら空き時間を有効活用できますね。『オフィスリンク』×『CACHATTO』は、営業スタッフや出張の多いビジネスマンにとって、まさに最強コンビだと言っても良いのではないでしょうか。

スマートフォンを内線電話にしてタイムリーなコミュニケーションを実現しているカゴメ

同僚や顧客とタイムリーなコミュニケーションを強化するために、スマートフォンをオフィスの内線電話として利用する企業が増えているそう。「自然を、おいしく、楽しく。KAGOME」を謳っているカゴメ株式会社も、全国どこでもスマートフォンをオフィスの内線電話にできるドコモの法人向けサービス『オフィスリンク』を2010年に導入し、社員間のコミュニケーションを進化させています。全国各地を飛び回る営業スタッフでも場所を選ばず内線電話を利用できるから、社内やお客さまとタイムリーにコミュニケーションが取れるようになったそう。またセキュリティを維持したまま添付ファイルの確認&各種承認フローなどの業務ができるサービス『CACHATTO』を併せて利用することで業務スピードがアップ。外出先から内線でつながりながら、添付ファイルの確認や社内の事務処理を行えるようになったのです。これなら空き時間を有効活用できますね。『オフィスリンク』×『CACHATTO』は、営業スタッフや出張の多いビジネスマンにとって、まさに最強コンビだと言っても良いのではないでしょうか。

セールストークを鍛えて営業力を強化しよう

「営業マンは話し上手ではなく、聞き上手でなくてはならない」とよく言われますが、セールストークを鍛えるのってなかなか大変なことですよね。大抵の営業マンは、とにかく場数を踏むことでセールストークを鍛えてきたと思います。商談相手や取引先顧客の癖や相づちのコツを掴むということは、すぐに出来るものではありませんから。しかしセールストークを鍛える方法は実はそれだけではないのです。ポイントは、「とにかく落ち着いて話すことを心掛けること」。たまに聞き取れないほど早口で話す営業マンがいますが、それだといくら顧客に利益のある話でもなかなか相手に伝わらないものです。悪い場合だと、伝わらないどころか相手を急かしたり責め立てたてたりしているようにも聞こえてしまいます。セールストークは、「自分がゆっくり過ぎるかな?」と思う程度のスピードで話すこと。たったこれだけ気をつけるだけで営業マンの印象は随分と違ってきますよ。SFAを導入してみたけれど営業力がなかなか上がらないという企業は、セールストークを鍛えることから始めてみてはいかがでしょうか。

セールストークを鍛えて営業力を強化しよう

「営業マンは話し上手ではなく、聞き上手でなくてはならない」とよく言われますが、セールストークを鍛えるのってなかなか大変なことですよね。大抵の営業マンは、とにかく場数を踏むことでセールストークを鍛えてきたと思います。商談相手や取引先顧客の癖や相づちのコツを掴むということは、すぐに出来るものではありませんから。しかしセールストークを鍛える方法は実はそれだけではないのです。ポイントは、「とにかく落ち着いて話すことを心掛けること」。たまに聞き取れないほど早口で話す営業マンがいますが、それだといくら顧客に利益のある話でもなかなか相手に伝わらないものです。悪い場合だと、伝わらないどころか相手を急かしたり責め立てたてたりしているようにも聞こえてしまいます。セールストークは、「自分がゆっくり過ぎるかな?」と思う程度のスピードで話すこと。たったこれだけ気をつけるだけで営業マンの印象は随分と違ってきますよ。SFAを導入してみたけれど営業力がなかなか上がらないという企業は、セールストークを鍛えることから始めてみてはいかがでしょうか。

筆まめクラウド顧客管理を強化

筆まめをサービスしている会社って、まんまその名前だったんですね^^株式会社筆まめと言うそうですが、今月16日にCRMの「筆まめクラウド顧客管理」を強化することを発表したとのこと。このサービスは大企業ではなくて中小企業向けのシステムで、これまでの「筆まめクラウド顧客管理」はベーシックタイプとなり、新たにスタンダードというタイプが仲間入りしたそうです。このスタンダードタイプでは、「分散していた顧客情報を、情報の機密性を確保しながら一元管理できるとした。」と紹介されていました。

私も以前は筆まめを使っていたんですが、パソコンの買い替えとともに筆王に変えてしまったんですよね~。でも、筆まめのホームページを見ると、他社のソフトからも簡単に変換できるとか^^ま、今の時代、ソフトもそれくらいの応用を利かせないとユーザーはすぐに別のものに乗り換えてしまいますからね~^^

また、筆まめでは来月の下旬にさらに新しいプラン、「筆まめ名刺管理 BIZ Plus」というものも始めるとのことです。

KnowledgeSuite

筆まめクラウド顧客管理を強化

筆まめをサービスしている会社って、まんまその名前だったんですね^^株式会社筆まめと言うそうですが、今月16日にCRMの「筆まめクラウド顧客管理」を強化することを発表したとのこと。このサービスは大企業ではなくて中小企業向けのシステムで、これまでの「筆まめクラウド顧客管理」はベーシックタイプとなり、新たにスタンダードというタイプが仲間入りしたそうです。このスタンダードタイプでは、「分散していた顧客情報を、情報の機密性を確保しながら一元管理できるとした。」と紹介されていました。

私も以前は筆まめを使っていたんですが、パソコンの買い替えとともに筆王に変えてしまったんですよね~。でも、筆まめのホームページを見ると、他社のソフトからも簡単に変換できるとか^^ま、今の時代、ソフトもそれくらいの応用を利かせないとユーザーはすぐに別のものに乗り換えてしまいますからね~^^

また、筆まめでは来月の下旬にさらに新しいプラン、「筆まめ名刺管理 BIZ Plus」というものも始めるとのことです。

KnowledgeSuite